カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
過去ログ
最近のコメント
  • 戦後70年企画 広告出稿
    デコ (09/07)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    松竹梅 (09/04)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    営業部 (08/14)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (08/13)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    団吉 (07/15)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (07/02)
  • 服部文祥さんが雑誌『週刊文春』に登場
    (06/21)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    ミッチー (05/14)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    デコ (05/11)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    ミッチー (05/03)
最近のトラックバック
スタッフプロフィール
Search
Mobile
岩国寿司!
山口県へ取材に行ってきました。

初日から、錦帯橋と、錦帯橋がかかる橋の美しさに心底癒され、
宇野千代生家の縁側で庭を眺め、萩の町を散策し、
帰りは、下関の水族館でイルカを見て、
北九州から東京へ。

ぎゅうぎゅうと詰め込んだ取材スケジュールにもかかわらず、
のんびりとした山口県の気候に、気持ちも自然と穏やか〜に過ごせたような気がします!


こちらは岩国寿司。押しずしで切り分ける前は、なんと90人前分もある大きなお寿司です。

上にのっているれんこんは、岩国れんこん。
普通のれんこんより、穴が多いんだそう。縁起がいいです!

山口、とってもいいところでした〜。

齋藤

デコの人たちのごはん #3 セブンイレブンのおにぎりとパン
水曜担当の前川です。

オフィス最寄りのセブンイレブンは、徒歩1分。
会社のみなは昼夜問わずセブンイレブンのお世話になっております。
そのため、今日の晩御飯は、セブンイレブンのおにぎりとパンでした。



最寄りのセブンイレブンのおにぎりコーナーには、なぜか昨日からオムライスおむすびが大量に並んでいます。
発注ミス?と思いながら購入。
チンしてたべると、たまごがふわふわとろとろでとてもおいしかったです。

ジャムマーガリンコッペパンは、月に1度くらい無性にたべたくなります。高カロリーのため、食べすぎには注意です。

『はじめてのレコード』3刷しました!
デコで編集を担当させていただいた『はじめてのレコード』(DU BOOKS)が3刷決定いたしました!

いま、20代を中心にアナログブームですよね。
レコードだけでなく、テープレコーダーや、ファミコンや、昔の時計などの売り上げがのびているそう!

本書はアナログレコードを、
いまからはじめてみたい!という人におすすめの本です。



わたしも本書をきっかけに、
オールインワンプレーヤーを買って、
レコードを少しずつ集めています〜!

斎藤


浜松の海で撮影
先日浜松へ、あの超超有名カメラマンの取材で行きました。
「浜松」「カメラマン」のワードで人物を特定したあなたは雑誌狂ですね。

その方の想いでの地、「遠州浜」での撮影風景を少しだけ公開。


日本海に向かって歩く大先輩たち。天気に恵まれてとてもいい景色でした。


どこまでもつづく浜に、癒されます。


浜松まで行ったものの、とんぼ返りでデコへ。
切ないですね。。。


御飯の話に変わりますが、
昨日は相澤先輩がローストビーフが乗ったごはんをごちそうしてくれました。



オフィス街のごはんって基本大盛だなと思うこの頃です。


前川

広島カープのミニトマト
渡辺パイプ社内報の取材で、
広島に行ってきました。

撮影が終わって夜ご飯を食べに、
お店に入ったら、
かわいいお帽子が!



さすが、広島!
カープミニトマト!

食べるのがもったいなかったです。

齋藤

服部文祥さんの小説が雑誌『新潮』に
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんの小説が今月号(12月号)の『新潮』に掲載されています。
タイトルは「息子と狩猟に」。



居並ぶ芥川賞作家より名前の活字が大きい!


デコの人たちのごはん#2 低カロリー系レトルト
こんにちは。水曜担当の前川です。

今日たべたのは
「押し麦ごはんでチキンドリア」
233kclというのがウリです。


こちらが中身。2種類のソースをかけます


一つ目のソースはミートソースのようなかんじ


二つ目のソースをかけてチンすると、なんだかとてもおいしそうなドリアになりました。


お味は、正直好みの味ではありませんでした。
なんか酸っぱい……。
少量なので、おやつにちょうどいいかもしません。
もしくは健康を極めている人にもいいですね。


全然関係ありませんが、1か月前くらいに旅行で行った草津で「湯もみショー」をみました。200人くらいが見物するなか、実演に参加させてもらえるのは20人。
ちょっとならんでみたけど、あえなく断念。
湯もみしたかったなぁ〜。



以上、デコの人の晩御飯コーナーでした〜



前川




デコの人たちのごはん#1カップ麺
どうしても終業時間が遅くなってしまう職業に就いてしまいました。
年中ダイエットの前川が思うに、終業時間の遅さよりも、食べているものと時間が問題だと思います。

かねてより「ペヤング」が大好きな私は、近所のスーパーで「ペヤングヌードル」という斬新なアイテムを見つけました。

10日間くらい引き出しで眠らせ、先日食べました。


パッケージは「ペヤング」らしく、無駄に飾らないシンプルな様相。


蓋を開けお湯を注ぐ。具が可愛らしい。


完成!

味は薄目だけれど酸っぱさがあって、私の好みではありませんでした。お菓子みたいな感じでした。


弊社の先輩の中には、カップ麺を食べる人とほとんど食べない人がぱっくりわかれています。
さらに、いつも決まったものを食べるか、新しいものにチャレンジするかでもわかれていました。

そんなことで盛り上がった、午後9時でした。


ps
先日取材でいった長瀞が綺麗でした。
卒業以来会っていなかった中学の友達をモデルとして連れて行きましたが、あまりの可愛さに肩身がせまくなりました。



前川

神保町ブックフェスティバルに出店します
神保町ブックフェスティバルに出店します。
新刊が割引価格で販売される、お得なお祭りです。



ご来店お待ちしております!

『技術の正体』を深く読む
対訳 技術の正体』(木田元著 マイケル・エメリック訳)の表題作「技術の正体」は、国語の教科書や入試問題にたびたびとりあげられています。



で、こんなサイトを見つけました。
浪速のスーパーティーチャー守本の授業実践例」(筑摩書房の教科書のサイト)

中村雄二郎や坂口安吾などの文章も引用して、
たいへん深く読み込んでいらっしゃいます。

ぜひご一読を