杏さんが紹介☆『あさって歯医者さんに行こう』高橋順子 詩集

先日のJ-WAVE『BOOK BAR』で、女優の杏さんが

高橋順子さんの詩集『あさって歯医者さんに行こう』を紹介してくれました!

杏さんはこの詩集を読んで“時間の流れ”を感じたそうです。
表題作がないため、“なんでこのタイトルになったのか?”ということも気になったみたい。

みなさんも、ぜひ高橋順子さんの詩を読んで
いろんなことを感じてください。

☆DECO SHOPでは著者高橋順子さんのサイン本も販売しています☆

詩人 高橋順子さんが新聞に。

1月25日の朝日新聞「Reライフ 人生充実」のページで、
読者からの
「詩を書くポイントを知りたい」
というお手紙に、詩人でデコ刊行『あさって歯医者さんに行こう』などの著者の
高橋順子さんがお答えになっていました。

「ものをよく見ること。具体的な描写。恥ずかしがらないこと」などと
アドバイスされています。


プロフィールで
『あさって歯医者さんに行こう』が紹介されていました!

デコから出ている高橋順子さんの本は3つ。

『月の名前』
月にまつわる400の言葉を、高橋順子さんが解説。
日本人の豊かな感性が作った言葉の数々に感動します。
佐藤秀明さんのどこか懐かしくてあたたかい、月にまつわる写真も楽しめます。

『この海に』
百年前の世界的大ベストセラーJ・M・シングの戯曲
「Riders to the Sea」を高橋順子さんが小説化。
詩情ゆたかな「東日本の海にーあとがきに添えて」も圧巻です。

『あさって歯医者さんに行こう』
詩集。
何げない日々こそ新しく、豊かであることに気づかせてくれる一冊。
菊地敦己さんによる美しい装丁も注目です。

3冊ともに、DECO SHOPではサイン本を販売しています。

高橋順子さんの詩やエッセイを、ぜひ読んでみてください!

秋の夜長におすすめの詩集です

日に日に秋らしくなってきました。

秋の夜、ゆっくりと過ごしたいときは、
詩集を読んでみてはいかがでしょうか。

デコで刊行した詩集『あさって歯医者さんに行こう』(2009年刊)は、
詩人高橋順子さんの10冊目の詩集です。

今日は、本書のなかの「わたしの水平線」という詩をご紹介します。

*************************
わたしの水平線

水平線は時々

疲れて たるみたくなることがある

そういうときには もやのカーテンをひいて

心ゆくまでたるめばいい

わたしの水平線も

ぴんと張っていたり 木と木の間の

ハンモックの紐みたいだったりする

たるんでいるときには

風船葛の青い実がいっぱい風に

揺れる夢をみている

きっぱり引かれているときには

わたしは夢をさがしている

**************

これは、夏の終わりくらいの詩かなぁ。
この詩を読んで、
暑い夏が終わるころ、
心からも、体からも、ふっと力がぬけていくような、

力をいっかいぬいて、休みたいような、
(ちょっと疲れているのかな・・・)

そんな気持ちになっていた自分と重なって、
なんだかほっとしました。

本書には、39編の詩が収録されています。
きっと、言葉にあらわせずにいた、
自分の感情に出合える瞬間があると思います。

プレゼントにもおすすめです。

まだお読みでないかたは、
ぜひ手にとってみてください。

さいとう

高橋順子さん サイン本

齋藤です。
すっかり秋です。夏の終わりに、日傘をなくしました。
夏が持ってってしまったのかしら。

さて今日は、デコ刊行『あさって歯医者さんに行こう』
の著者 高橋順子さんが、デコに来てくださいました。

サイン本の在庫がなくなってしまったので、
あらたにサインをしていただきました。


ブルーの表紙、うすピンク色の見返し。
いつ見ても、本当にきれいで、この詩集にぴったりです。


1冊1冊、ていねいにサインをしてくださいました。


あら!! 
「あさって歯医者さんに行こう」ではなく、
「あさってデコに行こう!」
ですって(笑

貴重な1冊が生まれました。


最後に順子さんと記念撮影。
よく考えるとツーショットははじめてのような気がします。
うれしいです。

わたしのうしろのホワイトボードには
「人には馬鹿にされていろ」と書かれています。社訓です。

◎デコ刊行 赤瀬川原平『健康半分』の著者インタビューが
 10月7日発売の『クロワッサン』(マガジンハウス)に掲載されます。
 今月は大好きなあのラジオ番組でも紹介いただけるかも!?!
 こちらは決定次第、お知らせさせていただきます♪

後日改めて、『あさって歯医者さんに行こう』を読んでくださった読者の方からいただいたお手紙をご紹介させていただきます。

『あさって歯医者さんに行こう』が雑誌で紹介されています

『あさって歯医者さんに行こう』(高橋順子)が雑誌で紹介されています。


エイ出版の『本屋さんへ行こう』


ユトレヒト岡部さんのオススメ本として。


恋焦がれている人がいるとき、
『あさって歯医者さんに行こう』をぜひ読んでください!

くり

「あさって歯医者さんに行こう」45rpm展示中

デコ刊行「あさって歯医者さんに行こう」が、
アパレルブランド「45rpm」の二子玉川店内で
展示されています!
(ブックセレクトはBACHの幅さん。幅さんありがとうございます!)

45rpm、すごく好きなのでとても嬉しいです!
45rpmの洋服は、とにかく素材が肌にやさしくて、
着れば着るほど自分の体型にうまいことなじんでいくのが好きです。
コンセプトブックもいつもかっこいい!!

本書をつくっているときに、
お洋服屋さんに置いてもらえるような詩集
というのを意識していたので、
置いていただけて本当に嬉しいです?。

『あさって歯医者さんに行こう』
は、「黄色いメロン」という夏の詩からはじまります。
改めて、この季節におすすめしたい1冊です。
どうぞよろしくお願いします。

齋藤

ミスドチャンネルにて「あさって歯医者さんに行こう」朗読

齋藤です。

ミスタードーナッツの携帯サイトに
音で楽しむコンテンツが登場。

ブックバイヤー:バッハ幅允孝さんセレクトで
TOKYO No.1 SOUL SET のBIKKEさんが
本を朗読します。

そして、デコ刊「あさって歯医者さんに行こう」が選ばれ、
BIKKEさんが朗読してくださいました。

感動。

携帯サイトで登録が必要ですが
ぜひぜひ聞いてください!

あさって歯医者さんに行こう  高橋順子 

2010年も「あさって歯医者さんに行こう」

あけましておめでとうございます。
お正月に、実家の大阪で暴飲暴食の限りをつくし
怖くて体重計にのれない竹中島です。

デコは、今日くらいから仕事はじめです。
ストーブもお正月ボケなのか、さっきからちょいちょい止ってます。
困ります。寒いです。

さて、「あさって歯医者さんに行こう」が、
またまたメディアに取り上げられました[:拍手:]

しかも「ヴァンサンカン25ans」2010年2月号!
創刊30年の伝統ある雑誌です[:グッド:]
「幸せを呼ぶ25ans図書館」のなかで
「幸せになる本BEST7」に選ばれました。


映画「すべては海になる」のため、幅さんがディレクションした本棚。
「愛の分からない人へ」へむけたセレクションという設定。
「あのひとの痛み」「生とか死とか」などテーマごとに分類しています。

BACH代表の幅さんにご推薦いただきました!
「読み終わると思わずスキップしたくなる」そうです

余談ですが、同ページで紹介されている
よしながふみさんの「きのう何食べた?」は、私も大好きです。
マンガにでてくるのは、何げない手料理ばかりですが、
旬の素材が使ってあったり、調理法を工夫していたり
すごくおいしそうなんです。
誰かのために、お料理をつくるのっていいな…と思います。

高橋順子さんも、日常の何げない風景を詩という形にします。
気取らない、家庭料理みたいな詩だなと思います。
順子さんの詩を読むと
こんな素敵な詩があるんだよ?と伝えたくなります。
というわけで、今年もどしどしPRしていきます!

そんなこんなで、今年もどうぞよろしくお願いします。

竹中島

クリスマスプレゼント


もうすぐクリスマス。

プレゼントはもうお決まりですか?

クリスマスプレゼントに
高橋順子さんの詩集「あさって歯医者さんに行こう」1470円
はいかがですか?

家族に、友達に、恋人に贈ってみてはいかがでしょう。

装丁も素敵なので、贈り物にぴったりですよ?。

アマゾンで販売しております。
気になった方はこちらをどうぞ。
http://www.deco-net.com/works/shuppan.html
問い合わせ先 デコ 
担当 竹中島 03-3234-8581 

みず

その後の、「あさって歯医者さんに行こう」

ああ、シルバーウィーク明けの、木金。皆さんお元気ですか。
私は、がっつり連休ボケしております。タケナカジマです。

さてさて、6月に刊行された高橋順子さんの詩集「あさって歯医者さんに行こう」。刊行イベントの時には、たくさんの方にお越しいただき、
朗読を愉しんだり、作品を愉しんだりできて本当に幸せでした。
その後の詩集の行方はといいますと…

実は、様々なメディアで紹介いただいています。
ちょこっとご紹介させていただきます。

●『装苑』9月号 文化出版局 「good books」

ユトレヒト店主 江口宏志さんによる紹介文より

「ある朝、手元に一冊の詩集が届いた。持つと拍子抜けするくらいに軽い。
開くと不思議な位置に置かれた文字で
『黄色いメロン』という夏の詩がはじまる。
『黄色いメロンを食べ終わったら 
メロンの皮はカヌーになって海を恋するふうだった』
もうそれだけで作者の高橋順子さんに会いに行きたくなってしまった。
こんな詩はどうやって生まれるんだろう」

●『別冊spoon.』 prevision 9月号 
「森ガールのためのブックセレクション」

「森ガール」のための本としてセレクトされています。

●『ユリイカ』青土社 9月号

刊行記念イベントで、発表した順子さんの3行詩が掲載されました。

●『ecocolo』9月号 エスプリ「眠り特集にて」

「ベッドサイドに置きたい本」として紹介されました。
木曜日の朝におすすめだそうです。

●『ecocolo』10月号 エスプリ 

刊行記念イベントのレポートが掲載されました。

●『b*p』vol.8 小学館 「はじめての一人旅」

順子さんのはじめての一人旅の思い出が掲載されています。
掲載されている学生時代の順子さんの写真は、美しすぎてうっとりします。
聞き手・文は、デコの河西さんです!

●『Misaki』9月号  PHP研究所 「ブックスページ」

30代の女性向け雑誌「misaki」でも取り上げていただきました。

実は、そうそうたる雑誌でご紹介いただいてるんです[:びっくり:]
特に、女性に人気のようです。今後も「あさって歯医者さんにいこう」は、今後もぞくぞくとメディアに紹介されます[:拍手:]

まだご覧になっていない方は、ぜひぜひお手に取ってみてください[:イケテル:]
http://deco-net.com/works/shuppan.html