『MORGEN』に広告を出しました

『MORGEN』(モルゲン)は、
生徒会担当教諭、司書教諭を通して、小中高校の生徒に配布する新聞。

このたび6/8発行の6月号に広告を出稿しました。

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』『ぼくらの昆虫採集』

生徒さんにも先生方にも読んでほしい2冊です

☆高橋団吉 講演会開催のお知らせ☆

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の著者:高橋団吉が、

一般社団法人 日本経済協会「創立70周年 記念講演会」で、

講演させていただくことになりました。

○○○

2016年5月26日 午後 2 時?午後 5 時 (開場:午後 1 時 30 分)

会場 廣瀬第2ビル B1階 会議室(東京都千代田区神田錦町 3-19)
   東西線「竹橋」駅徒歩2分
   半蔵門線・都営新宿線・都営三田線「神保町」駅徒歩5分
   JR線・銀座線「神田」駅徒歩15分
   JR線「お茶の水」駅徒歩12分

ご挨拶 :一般社団法人日本経済協会 理事長 田村正勝

第1部 14:10?15:10
   『 真実の新幹線誕生秘史/ 十河信二に学ぶこと 』
   講 師:高橋団吉 氏 株式会社 デ コ 代表取締役

  

第2部 15:20?17:00
   『2016 年下期の景気見通し‐直面する「内憂外患」を克服できるか‐』
   講 師:田村正勝 一般社団法人日本経済協会 理事長

○○○

『真実の新幹線誕生秘史 / 十河信二に学ぶこと』と題して、

60分間、熱く語ります! 

是非聞きにきて下さいませ。

詳細/お申込→
http://www.nksk.or.jp/wp-content/uploads/2016/04/1cb1c8c851fae6ef91424c49126df1f0.pdf

3月26日の北海道新聞がスゴイ。

3月26日、北海道新幹線が開通しましたが…

地元の『北海道新聞』の盛り上がりがスゴイ!

北海道新幹線ラッピング[:祝:]
裏面には時刻表が載ってました?[:拍手:]
中ページも新幹線関連の記事ばかり!

さて、そんな3/26の北海道新聞に、広告を出しました!

ラッピングをとった1面です!

北海道新聞をとっている方はぜひ見てみてください?

初日の北海道新幹線に…!

なんとなんと、函館住まいの私の兄家族が、

北海道新幹線に乗ったそうです!

さすがマメ男の兄です。

初日のチケットを取ってるなんて。

姪っ子も嬉しかったことでしょう。


地元の女子高生の手作り(らしい)顔ハメ。

開業日の26日は、函館はお祭り騒ぎだったそうです。

それだけ大きなことですよね、新幹線開業。

さて、日本で最初に走った新幹線は

みなさんご存知、東海道新幹線ですね。

戦後の成長期、速度と輸送力を上げなければ

ヒトもモノも運びきれなくなっていた東海道線で

この「夢の超特急計画」がはじまりました。

もちろん世界最速・安全の新幹線の車体を作る技術も必要ですが、

そもそも、新幹線は在来線の狭い幅の線路では走れません。

用地を買収し整備し、幅広の線路を一から作る必要もあります。

当時、運賃値上げすら自由にできない“国鉄”で、

「新幹線」なんていう大それた計画は、“夢のまた夢”と思われていたようです。

事実、政府も世論もこの計画に大反対。

それでも、十河信二は、暑苦しいほどの情熱と粘り強さ、戦略をもって

成し遂げたのです。

十河信二が東海道新幹線を走らせたことが、

どれだけ日本の力になったでしょうか。

彼がいて、東海道新幹線の成功があったから、

今回の北海道新幹線、昨年の北陸新幹線……と

新幹線が各地を走るようになったのです。

一人でも多くの人に

彼が東海道新幹線を走らせるためにやった、

気の遠くなるほどたくさんの、困難なことを

知ってもらいたいです。

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』

北海道新幹線に乗って姪っ子に会いに行きたーい!

3/26 北海道新幹線開業日に広告

土曜日、北海道新幹線が開業し、

ついに九州から北海道まで新幹線がつながりました。

そんな歴史的な日、

『朝日新聞』(北海道版と都道版)に広告を出しました?。

今回開業した北海道新幹線も、

昭和30年に国鉄総裁にかつぎだされた十河信二がいなければ、

きっと実現しなかったでしょう。

“新幹線を走らせる”ということが、どれだけ大変なことか、、、

『新幹線を走らせた男』をぜひ読んでください。

札幌の方々へ

現在、紀伊國屋書店 札幌本店さんでは、

北海道新幹線フェアを開催中!

書店員さんが写真を送ってくださいました。

新幹線・鉄道関連本がた???っくさん並ぶ中に……

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』も置いていただいています!

著者サイン色紙も取り付けていただいています?!

新幹線本がこんなに充実しているなんて、

なかなかないと思います。

お近くの方は、ぜひぜひ足を運んでみてください!

本日発売『旅と鉄道』3月号!

本日1/21発売! 雑誌『旅と鉄道』に、

『新幹線を走らせた男』著者、

高橋団吉インタビュー記事が掲載されています!

原稿を書き終えるまでの苦労が語られています。

長い長い取材期間を経て、やっと形になった一冊。

それだけ当時の国鉄と十河信二という人の人生は濃いものだったのです。

記事の最後で、

「日中戦争時代の十河信二」も

「書かないわけにはいかない」と言っていますが……

どうなんでしょうね????

そう、“国鉄総裁”十河信二は彼の人生の“71歳?”ですから!

その前の70年も、きっと濃ーーーいものだったんだろうなぁ…。

気になりますね。

とにかく! まずは『新幹線を走らせた男』を読んでみてください。

そしてその前の十河信二の人生を知りたくなったら……、

著者へ励ましと応援のメッセージをお待ちしております!

みのもんたさん×高橋団吉さん対談

文化放送で2週に渡って放送された、

「みのもんたのNipon discover again」、いかがでしたか??

1週目は、十河信二の濃?????い人生に、みのさんびっくり!

2週目は、周囲世論の大反対に負けず新幹線を走らせた
     十河信二さんの先見の明に、みのさんびっくり!

みのさんも知らない新幹線誕生の秘史がたくさん語られましたね。

聞き逃してしまった方は、今日から一週間、番組ホームページでアーカイブ音源を聞くことができますので、ぜひチェックしてくださいね?!

収録時のエピソードは、
同行した営業部長が後ほどご報告します?♪

お楽しみに。

もちろん『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』には、
ラジオでも触れられなかった十河さんの活躍がたーーーっぷり書かれています。

ぜひ読んでください!

DECO SHOPでご購入の方には限定プレゼントをお付けしています★

近藤正高さんによる書評が掲載

書評紙『週刊 読書人』最新号(2016.1.8発行)に

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』(高橋団吉)の

書評が掲載されました!!!

評者は昨年発行された話題書『タモリと戦後ニッポン』著者の近藤正高さん。

十河信二の濃厚な人生にも注目し、評してくださっています。

十河さんの濃?い人生については、
日曜日(1/10)17:00?放送された
文化放送『みのもんたのNippon discover again』でも話題になり、
みのさんが驚いていましたね。

『みのもんたのNippon discover again』は
次の日曜(1/17)も著者・高橋団吉が登場します。

こちらもぜひお聞きください!

番組サイトで1/10の放送が聞けます⇒http://www.joqr.co.jp/mino/2016/01/110.html

『歴史街道』2月号

本日発売の雑誌『歴史街道』2月号で、

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』(高橋団吉)が紹介されました!

今号の巻頭インタビューは、今年の大河ドラマ「真田丸」の主演・堺雅人さん!
特集は真田信繁!

みなさん、ぜひご覧ください?!

 ** 

お正月に関西の実家に帰ったスタッフからのお土産がナイスセンスでした♡

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』高橋団吉
DECO SHOPならサイン本も購入いただけます!