毎日新聞の書評に『世界のしおり・ブックマーク意外史』がとりあげられました

2018年1月7日の毎日新聞の書評欄で『世界のしおり・ブックマーク意外史』がとりあげられました。

評者は川本三郎さんです。

書評に定評のある毎日新聞の、それもいちばん最初の大きな欄に掲載されたというのがとてもうれしい!

『世界のしおり・ブックマーク意外史』が『旅の手帖』1月号に紹介されました

交通新聞社発行の旅の雑誌『旅の手帖』2018年1月号の「読みたい本」のコーナーに、『世界のしおり・ブックマーク意外史』が掲載されました。

旅先でしか手に入らないしおりというものもあり、旅としおりは意外と相性がよいのかもしれません。そういえば、旅の予定などを書いた冊子を「旅のしおり」などという言い方もしますね。「しおり」という言葉の語源のほか、この言葉がどのような意味で使われてきたかの変遷なども、本書で読むことができます。

『世界のしおり・ブックマーク意外史』完成

小社にとって初の自費出版本『世界のしおり・ブックマーク意外史』が完成しました。
自費出版とはいえ、ISBNコードをつけており、amazonとデコショップ(小社のウェブショップ)で販売します。
352ページ、オールカラー。おそらく「日本唯一の」と言ってよい「しおり・ブックマーク」の通史です。