カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
過去ログ
最近のコメント
  • 『技術の正体』を深く読む
    通りすがりの (02/04)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    デコ (09/07)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    松竹梅 (09/04)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    営業部 (08/14)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (08/13)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    団吉 (07/15)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (07/02)
  • 服部文祥さんが雑誌『週刊文春』に登場
    (06/21)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    ミッチー (05/14)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    デコ (05/11)
最近のトラックバック
スタッフプロフィール
Search
Mobile
明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年が明け、1月7日に、千葉県旭市にある東部図書館へ出かけました。デコ刊行『この海に』(高橋順子 著)を、白坂道子さんが朗読してくださることになったのです。

誰もが一度は聞いたことがある声だと思います。
わたしも、声を聞いてはっとしました。


中央が白坂道子さん。左は高橋順子さん。



満席でした。


朗読の奥深さに触れ、感動的な一日でした。
高橋順子さんも急遽、詩を朗読され、高橋さんの朗読も胸に響きました。

齋藤









『水のなまえ』
詩人・高橋順子さんの最新刊『水のなまえ』を読んでいます。
毎日、ふれない日はない水。
水にもたくさんの名前があります。

勢いよく流れる水、たゆたうように流れる水、たっぷりと張った水、
さまざまな水の姿を浮かべながら読んでいると、
ゆったりとした気持ちになりますあめ結晶ニコニコ


『水のなまえ』高橋順子 白水社


さて、さいきん、インスタグラムをはじめてみました。
世界中の人たちの写真が見れるので、
「なんか素敵!」と思った写真をクリックしてみると・・・




デコ刊行『この海に』ではないですか!!!!!見る
拍手拍手拍手ラブ

インスタグラムの使い方がまだよくわかっていなかったので、
もうこの写真に私はたどりつけないのですが、
とても素敵な、デザイナーさんか、アーティストの方だったと思います・・・


  「おはなし」を通してしか、感じられないこともある

と感想を書いてくださっていました。

ありがとうございます!!!


今日も暑いですね!みなさま熱中症にならないよう、
お気をつけてください!晴れ


さいとう

『この海に』書評が掲載されました

7/21(日)の西日本新聞に
『この海に』(高橋順子・著)の書評が掲載されました!




『この海に』 モーリアからの手紙


『この海』の読者からうれしい手紙をいただきました。
なんと、主人公のモーリアを舞台で演じたことがあるという内容。
富山市在住の萩原久美子さんからです。
(3月18日の「朝日新聞」の書評で本の存在を知ったとのこと)
萩原さんの許可のもと、内容を少し紹介します。
(萩原さんありがとうございます)

萩原さんがモーリアを演じたのは、1969年のこと。
萩原さんは、京都の劇団「くるみ座」の
毛利菊枝演劇研究所に所属しており、その卒業公演として、
『この海に』の原作「海に騎りゆく人々」を上演したそうです。

くるみ座は京都拠点の劇団で、1944年に毛利菊枝によって設立されました。
北村英三、中畑道子といった方が在籍し、
シェークスピア、ギリシャ悲劇、ベケットなどを
上演していたそうです。

「海に騎りゆく人々」の演出は、北村英三。
稽古は厳しかったようで、その様子を萩原さんの手紙から引用してみます。

《モーリアは、本当にしごかれました。
後半の独白「もう皆いってしまったよ」のセリフは
何度も夢に出て来るくらいでした。》

萩原さんは、1944年生まれ。
(1969年は、20代ですからずいぶん若いモーリアですね)
今も演劇が好きで、毎年ロシアにチェーホフ劇を見に行くほか、
何十本も芝居に出かけるのだとか。

冒頭のイラストは、萩原さんが描いてくれた上演時の舞台のようす。
上演してみよう、と考えている方は、ぜひ参考にしてください。


大塚


『この海に』が「図書新聞」に


『この海に』が、
「図書新聞」の2012年9月1日号に掲載されました。

大塚


『この海に』 「日本教育新聞」



『この海に』が、
「日本教育新聞」2012年5月7日、14日号(毎週月曜発行)に、
掲載されました。

「日本教育新聞」は学校の先生が読む新聞です。

『この海に』も、ぜひ学校の先生に読んでほしい!
(とくに演劇部の顧問の先生)

大塚

『この海に』サイン本



『この海に』のサイン本が到着しました。

近々、このHPのSHOPで購入できるようになります。

もうしばらくお待ちください。

大塚



*追記*

DECO SHOPでサイン本が購入できるようになりました。

『この海に』 雑誌『Precious』




『この海に』(高橋順子著)が
小学館の女性誌『Precious』2012年6月号の
「今月の上質な本 本読み男女の読書案内」で、
とりあげられました。

評者は、小池昌代さん。

うれしいですねえ。

大塚

『この海に』書評
2月に刊行した『この海に』(高橋順子著)は、
好評発売中でございます。

各紙誌にも採り上げていただきました。



『毎日新聞』3月12日朝刊


『朝日新聞』3月18日朝刊


『ほんとうの時代』(PHP)2012年5月号(259)


大塚


『この海に』制作裏話4(最終回)


『この海に』好評発売中です。

3月1日からの続きです。

しばらく、「Riders to the sea」のことは、
忘れていたのですが、
3・11の地震のあとに、本の企画を考えていたところ、
ふと思い出しました。
「そういえば、アイルランドにも
厳しい自然と向き合って、生きている人たちがいたぞ」と。
極東の島国と、ヨーロッパの西のはずれの島が、
重なって見えたのでした。

それで、あとは、
詩人の高橋順子さんに、原作を詩情あふれる文章で小説化していただき、
(高橋順子さんは、千葉県飯岡のご実家が津波の被害にあい、
 そのことも「あとがき」で書いていただいた)
気づいたら、本が完成しておりました。





写真は、『この海に』に収録した、
「Riders to the sea」原文の底本にした、
1910年にダブリンで刊行された
『The works of John M. Synge volume one』。

大塚











『この海に』制作裏話3
2月28日のつづきです。



司馬さんがそんなに褒めるなら、
読んでみよう、ということで、
ダブリンのChapters Bookstoreの2階古本売り場で、
上のペーパーバックを買いました。

「Riders to the Sea」は、
たった13ページしかありませんでした。

日本に帰ってきて、読んでみたら、
とにかく人がどんどん死んでしまう、
ということだけはわかり、
「みもふたもない話だな」と思いました。

つづく。

大塚

(高校の演劇部の人たちは、
 英語の勉強も兼ねて、ぜひ
 自分たちで翻訳して、演じてみてほしいなあ。)



『この海に』制作裏話2
2月14日の続きです。
アイルランドに行くことになって、
手に取った本がコレ。



司馬遼太郎『街道をゆく31 愛蘭土紀行』。
この頃は、どこか取材に行くときは、
必ず、このシリーズを探して読んでいました。
(原稿を書きあぐねると、シバリョウの名文を引用して、
シバリョウに助けてもらうのです。
ありがとう。司馬さん)

それはともかく、
この本の挟にこんな一節を見つけました。

  私は、シングのみじかい戯曲『海へ騎りゆく人々』
  (山本修二訳。岩波文庫)をもっておらず、
  それを探すために八方手をつくした。
  なにしろこの文庫は昭和十四年の刊で、
  いまは絶版になっている。
  それをやっとみつけたとき、
  近来、これほどうれしかったことはなかった。

シングって誰なんだろう? と思いました。


つづく。
 




『この海に』広告を掲載しました

25日に発売となりました『この海に』、

朝日新聞出版の『一冊の本』に広告を出しました。





ぜひご覧ください。

営業部


販売開始


デコの新刊『この海に』は、
DECO SHOPで一足先に販売開始になりました。※送料無料


司馬遼太郎『街道をゆく』の中で絶賛されている戯曲を、
詩人の高橋順子さんが小説として蘇らせました。

愛する家族を何人も荒海に奪われてしまうお母さんのお話です。

3.11東日本大震災から1年……。

“人間は悲しみとともに生きる”ということを
静かに見つめてほしい1冊です。




(一部書店には昨日納品されたので、はやいところにはもうあるかもしれません…)


『この海に』制作裏話
デコの新刊『この海に』高橋順子著はいよいよ2月25日発売です。

どんな本かというと、
アイルランドの劇作家、
J・M・シングの戯曲「Riders to the Sea」(海へ騎りゆく人々)を
小説化したものです。

さて、この本を出すきっかけは、
2007年にさかのぼります。
この年の5月、小学館の「b*p」(vol.5)という旅の雑誌で、
アイルランドに取材に行くことになったのです。


(これがそのときの記事)

つづく。

大塚


新刊『この海に』


デコにとって久々の新刊、鋭意編集中でございます。

『この海に Rider to the Sea』
 高橋順子 著
 J・M・シング原作

書店に並ぶのは、2月25日頃の予定でございます。

大塚