カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
最新の記事
過去ログ
最近のコメント
  • 『技術の正体』を深く読む
    通りすがりの (02/04)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    デコ (09/07)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    松竹梅 (09/04)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    営業部 (08/14)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (08/13)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    団吉 (07/15)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (07/02)
  • 服部文祥さんが雑誌『週刊文春』に登場
    (06/21)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    ミッチー (05/14)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    デコ (05/11)
最近のトラックバック
スタッフプロフィール
Search
Mobile
7/10まで!「昭和の東京」写真展

リブロ浅草店で行なわれている
『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京2台東区』写真展は、
7月10日(日)で終了します!!!!





昭和40〜50年頃に撮影された浅草周辺の写真がたくさん。

今もそのままの佇まいを残しているところ、
すっかり変わってしまったところ……

大きく印刷した写真をじっくり見ると、いろんな発見があるはずです。


リブロ浅草店の店内に掲示してありますので、
どなたでも自由にご覧いただけます。

期間中、昭和の東京にまつわる本もたくさん並んでいます。


ぜひぜひ行ってみてください!


リブロ浅草店
【住所】東京都台東区浅草1-25 浅草ROX4F
【電話】03-3836-7800
【営業時間】10:30〜21:00
【アクセス】
つくばエクスプレス浅草駅A1出口より徒歩1分
東武伊勢崎線「浅草駅」より徒歩8分
東京メトロ銀座線「田原町駅」より徒歩5分
東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩8分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」より徒歩8分
都営バス「浅草1丁目」より徒歩2分


太陽銀行→太陽神戸銀行! 昭和の東京パネル展




リブロ浅草店で開催中
『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京2台東区』パネル展の
様子を見に行ってきました!

稲葉店長にお話を伺うと……
なんと、パネル展の中でおもしろい発見をされていました。




写真で稲葉店長が指差すのは、「浅草1-24から千束方面」(昭和48年2月)。





そしてこの写真は「国際通りを西北方」(昭和61年5月3日)。




どちらにも同じビル(銀行)が写っているのですが、、、

昭和48年に「太陽銀行」だったのが、
昭和61年には「太陽神戸銀行」に変わっているのです。


『昭和の東京』シリーズの写真の中には、
このような版元の私たちも気づいていないことがたくさんありそうです!


じーーーーっくり眺めて、本を持って街に出て、
いろんな発見をしてください。


そして期間中、リブロ浅草店には『昭和の東京2台東区』以外にも、
浅草、昭和、東京をキーワードにした本がずらり!






(写真以外にもたくさんあります)


パネル展は自由にご覧いただけます。

浅草散歩のついでに、ぜひお立ち寄りください。



『昭和の東京2台東区』は弊社ウェブショップでも販売中です。



リブロ浅草店で写真展開催中〜★





リブロ浅草店(浅草ROX4F)で
『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京2台東区』写真パネル展開催中!

http://www.libro.jp/blog/asakusa/event/2500.php
(開催期間2016年5月9日〜7月10日予定)









掲載写真の中から、浅草周辺を選りすぐってパネル化。
何度も見ている写真でも、大きくなるとまた新たな発見もあり、
パネルをつくるのもおもしろかったです。

昨日は店長さんと一緒に、「ここのお店はまだある!」
「この銀行は合併して名前が変わってる!」
などなど、展示をじっくり見ながら盛り上がりました。



浅草は今週末が三社祭!
観光ついでに、ぜひリブロ浅草店へお立ち寄りください〜〜!




43年間で変わったこと

リブロ浅草店さんに打ち合わせに行った帰り、

『昭和の東京2台東区』収録

「浅草1-24から千束方面」の撮影場所から

現在の風景を見てみました。


収録写真は昭和48年2月撮影。(43年前!)





現在の風景は平成28年4月撮影。





きっと、43年前に「松竹ボーリング」だった場所が、

現在の「浅草ROX」(リブロ浅草店が入っているビル)でしょう。

43年の間に奥に見えていた歩道橋もなくなりました。

電線がなくなっているのも驚き!



レトロな自動車がかわいい!

看板がずいぶん多かったんだな〜

今も残っているビルがある!!!!!!



などなど、今の風景と比較するとおもしろい〜!



『昭和の東京』シリーズをお持ちの皆さん、

眺めるだけでも懐かしく、たのしいですが、

ぜひぜひ本書をもって街に出てください★

巻末に撮影ポイントを記した地図があるので、

撮影ポイントを巡る街歩きをすれば、あらたな発見があるかも!



リブロ浅草店さまさま!!!!





昨日、リブロ浅草店さんにお伺いしました。



こちらの書店さん、『昭和の東京2台東区』発売当初より

本当に本当によく売ってくださっているんですが、

久しぶりにお伺いしたら、なんと

累計販売冊数500冊! のPOPが……。





大変ありがたいことです。

昨日も納品させていただきましたので、在庫はたっぷりあるはずです。

ページを開いて、ぜひ浅草の今昔を楽しんでください。



浅草まで買いに行けない!という方は、デコからお送りします。

WEB SHOP http://decoshop.shop29.makeshop.jp/shopdetail/004001000018/
電話受付 03-6273-7782


お近くの書店でお取り寄せもできますよ〜。





12/20〜2/20は、ラピュタ阿佐ヶ谷へ!

12/20〜2/20、映画館ラピュタ阿佐ヶ谷で、
キネマ旬報誌に連載中の宮崎祐治氏のコラム「東京映画地図」を下敷きに選定された
東京を舞台にした邦画の数々が上映されます。

上映作品はコチラでご覧いただけます。


戦後まもなくから現在まで、
時代とともに変化するこの街の風景を再発見していただく機会となれば、
と、企画されたそう。


なんと!ラピュタ阿佐ヶ谷さんにお声がけいただき、
この期間中、ラピュタ阿佐ヶ谷さんで
『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京』シリーズを販売していただくことになりました!




古い映画が好きな編集部のO塚は、パンフレットを見ながら
「これとこれ、すごいおもしろいんだよ〜」
「でも知らないのもたくさんあるな…」と嬉しそう。


ぜひみなさまもチェックしてみてください!




戦後70年企画 広告出稿










月曜日の朝日新聞朝刊に、
「戦後70年を読む」という広告企画が掲載されました。

戦中・戦後の経済、社会、くらしにまつわる書籍を70タイトル集めた、
大きな企画です。

ここへ、デコの『昭和の東京』シリーズも出稿しました!



戦後、大きな経済成長を遂げた日本・東京の変化を見ることができます。

この広告企画に連動したフェアをやっている書店さんも多くありますので、

ぜひお近くの書店へ足を運んでみてください!


昭和の東京シリーズの写真が掲出されています

いま、東京医科大学病院では
100周年記念の歴史写真パネルが掲出されています。

この企画にデコの『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京1新宿区』掲載の写真を
お貸出ししています。


クリックで拡大



東京医科大を利用される方は、ぜひご覧ください。


『昭和の東京3千代田区』の写真が掲出されています


千代田区東神田にある、朝日信用金庫の豊島町支店が
今月リニューアルOPENしました!

それを記念して、
朝日信用金庫 豊島町支店のウインドウに、
昔の写真が掲出されています。

デコ刊『昭和の東京 3 千代田区』の写真も数枚、お貸出しました。





お気づきでしょうか?
住所が東神田なのに、支店名は豊島町……。

じつは、この支店がオープンした頃、このあたりは豊島町という地名でした。
地名は東神田に変わりましたが、
支店名は当時のまま使われているのだそうです。


その“豊島町”だった頃の街の様子がウインドウに掲出されているのです。


お近くにお住まいの方、お勤めの方、
ぜひ懐かしい写真を見に行ってみてください。


『昭和の東京3千代田区』が・・・

神保町にある城南信用金庫九段支店さんが、開店60周年!!

これを記念して、店内に
神保町・九段のなつかしの写真がパネルで展示されています。



これらの写真は、
デコ発行『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京3千代田区』から
お貸し出ししました。

パネルと一緒に本も置いてあります!


当時を知るご年配のお客様が
「なつかしい、なつかしい」と言って
喜んでご覧になっているそうです。


1月いっぱい展示予定だそうです。
城南信用金庫九段支店さんに行かれた際は、ぜひご覧ください〜



『昭和の東京3 千代田区』と万世橋


『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京3 千代田区』に掲載されている
昭和43年の万世橋から見た風景です。
左のレンガの建物は旧・万世橋駅の遺構です。


こちらが現在の風景。
レンガの建物沿いにウッドデッキが整備されました。


これは反対を向いた風景。見える橋が万世橋です。
ご存知の方も多いかと思いますが、
この旧・万世橋駅が、最近、
「mAAch ecute 神田万世橋」という商業施設に生まれかわりました。


中に入っている「フクモリ」という店では、
著名人がセレクトした本が展示販売されています。
イラストレーターの小池アミイゴさんが、
『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京3 千代田区』
を紹介してくださっています。

ぜひ、一度出かけてみてください。

昭和30年代後半の小川町交差点

昨日、『昭和の東京3千代田区』をご購入いただいた読者の方が
デコに来てくださいました!!

高校生くらいまで住んでいた生家が写っているのだと、
大変喜んでくださいました。

そして大変貴重なお写真も見せていただきましたので
ご紹介します!




昭和30年代後半の小川町交差点です。



じつはこれ、
『昭和の東京 3千代田区』91ページ下に収録されている写真に写っている建物から逆向きで撮った写真なんです。



写真中央に「フタバヤ」と書かれた建物がありますよね。
この2階の窓から交差点方向を撮ったものだそうです。



『昭和の東京』シリーズは
読者のみなさんそれぞれに、いろんな楽しみ方があるようです。




9/6発売『ダ・ヴィンチ』旬の本棚

本日発売の雑誌『ダ・ヴィンチ』に
『昭和の東京』が掲載されています!!





東京と本と題して、東京にまつわる本がたくさん紹介されています。

ぜひご覧ください〜


泉麻人さんサイン本発売のお知らせ

DECO SHOP

『昭和の東京3千代田区』泉麻人さんサイン本が発売中。




DECO SHOPの限定発売ですのでお早めに〜〜〜〜!!!


★サイン本の購入はこちら★

神保町 東京堂書店さん


神保町の東京堂書店さんでも
『昭和の東京3千代田区』を大きく扱っていただいています!



入ってすぐの「今週のベストセラー」の棚






レジ前の「知の泉」棚では
昭和の東京シリーズが3巻並んで平積みされています♡



DECO SHOPでは泉麻人さんのサイン本を限定発売中。


昭和の東京3千代田区 発売!!

明日26日は『昭和の東京3千代田区』発売日です。


一部書店さんでは先行して発売しています。
神保町の三省堂書店本店さんでは、
パネルを掲示していただいたり、


POPをつけていただいたり、


大変大きく扱っていただいています!


そして!!!
今週のベスト10 ノンフィクション第2位にランクイン!




ぜひお手にとってみてください〜〜


『昭和の東京』第三巻、校了!

大好評の、
加藤嶺夫写真全集『昭和の東京』第三巻が校了いたしました!!!!




昭和の東京 3 千代田区


日比谷・丸の内などのビジネス街、
霞が関の官庁街、
神田周辺の下町……
千代田区は本当に表情豊かな街です。

お楽しみに〜〜〜!


DECO SHOP
Amazon
ともに予約受付中です。



**



校了したので、早々と仕事を切り上げて

もちろん飲みましたー



明るいうちから飲むビール最高ー



くり


『週刊朝日』で紹介されました!

昨日発売した『週刊朝日』6/28号に、
『昭和の東京 1 新宿区』の書評が掲載されました〜!


今回書評を書いてくださったのは作家の片岡義男さん。
ご自身の思い出と重ね合わせて読んでくださったようです。



みなさんも
片岡義男さんのように思い出の一枚に出会えますように〜


本日発売『週刊文春』に注目!



本日6/6発売『週刊文春』の人気連載
平松洋子さんの「この味」で、
昭和の東京2台東区』が紹介されています!





昭和の東京2台東区』を片手に谷中を歩いた様子が書かれています。
続きは『週刊文春』でご覧ください〜〜。



雑誌『歴史街道』6月号に掲載されました


発売中の雑誌『歴史街道』6月号で

『昭和の東京 1 新宿区』が紹介されました!!






今週土曜にはラジオ『ドコモ団塊倶楽部』に、
『昭和の東京』監修者のおひとり、泉麻人さんがゲスト出演されます!

“現代の東京”“昭和の東京”の魅力に迫る内容のようです。
ぜひお聞きください♪

6月8日(土)11:00〜13:00放送
文化放送『ドコモ団塊倶楽部』
パーソナリティ 弘兼憲史さん


  **


先日、仕事帰りにパン作り教室に行ってきました〜〜〜♪
with デコOGたけちゃん



おいしかったー♪たのしかったー♪

くり

お弁当&#9825;&#9825;

現在、7月発売予定の
『昭和の東京 3 千代田区』の制作真っ最中です。

今日、桑沢・栗林でお昼を食べ損ねて作業していたら……

織田桂さんがお弁当を差し入れてくださいました〜〜〜〜!!!!!



うどきんぴら
うどゴマ和え
きゃらぶき煮
昆布巻き
タケノコ煮
鳥照り焼き
お葉漬け
シバ漬け
大根キムチ
ご飯


おいしくて感動(♡ᴗ♡)!!!!!
生き返りました〜〜〜〜。

ごちそうさまでした!!!
『昭和の東京 3 千代田区』制作、頑張ります!!!


くり


『男の隠れ家』7月号

本日発売の雑誌
『男の隠れ家』7月号で



『昭和の東京 1 新宿区』が紹介されました〜!





三省堂本店今週のベスト6 !!!!!

三省堂書店神保町本店には、
週の売れ筋ベスト10冊が置かれる
「今週のベスト10」という棚があります。


なんとなんと、
今デコ『昭和の東京』が6位にランクインしています〜〜〜!



他の書店さんからも注文をたくさんいただいています。
ありがたや〜

Amazonさんでは1新宿区、2台東区
ともにずーーーっと品切れ状態。
たまに復活しても数時間で品切れになってしまうので、
お急ぎの方は弊社に直接ご注文ください。


WEB→ http://decoshop.shop29.makeshop.jp/shopdetail/004001000017/
電話→ 03-6273-7782
メール→ shop@deco-net.com




現在編集部では、『昭和の東京 3 千代田区』を絶賛編集中。
※3千代田区は7月刊行予定

ゲラを片手に現地調査をしています。



神田須田町1-30



秋葉原駅周辺



神田鍛冶町3-8



秋葉原駅周辺



神田須田町2-2


意外とそのまま残っているところもありますね〜!
でも、そこだけポツンと昔のままで、
まわりはガラリと変わっている。


ぜひ『昭和の東京』を手に町を歩いてみてください。





くり

読売新聞、朝日新聞、東京新聞



本日5月17日(金)、
朝日新聞と東京新聞に広告を出しました!!

そして先週日曜12日には読売新聞に
『昭和の東京1新宿区』の書評が掲載されました!!





大変好評です。
DECO SHOPでご注文いただければ即日(平日に限り)発送します!


『昭和の東京 2 台東区』完成!! &メディア掲載

『昭和の東京 2 台東区』、ついに完成〜〜〜♡♡♡♡


できたてほやほや♡

全国書店へ向けて発送されました!
デコへ直接ご注文くださった方々には、
本日メール便で発送いたしましたので、
GW中にはお手元に届くと思います。

しばしお待ちください!


新宿区に次ぐ第2巻の台東区は、
オビで監修・川本さんがおっしゃっているように、
“江戸の香りを残している”のが特徴。

新宿区とはまったく違う雰囲気の街角がおさめられています。

収録されたのは全213枚。
一枚目は昭和42年に撮影された上野駅(昭和7年完成)です。
改装を重ねて現存しているそうですが、
まわりの景色はとても変わっているんだろうなー
写真と今の駅舎を見比べてみたいなー。

一枚目の上野駅は現存していますが、
もう消えてしまって見ることができない街角もたくさん!!


ひとりでも多くの方に開いてみてほしいです。
(営業がんばります!)




さて、昭和の東京シリーズ、メディア掲載の報告です。

4月28日(日)東京新聞


4月28日(日)日経新聞(広告)


『一冊の本』5月号(広告)



ありがとうございました〜!
おかげさまでお問い合わせたくさんいただきました!




明日からGW後半♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
ゆっくり充電して来週からまたがんばりまっす。



くり

『週刊 読書人』に掲載されました

昭和の東京1新宿区』が

専門誌『週刊 読書人』に掲載されました!!




『週刊新潮 4.25号』で紹介されました

今日発売の雑誌『週刊新潮』4月25日号で

昭和の東京 1 新宿区』が紹介されました!








詳細な撮影場所をプロットした現在の地図が収録されているのが好評です。



待望の第二巻
『昭和の東京 2 台東区』は先日校了しました!

ただいま予約受付中です!

TEL)03-6273-7782
FAX)03-6273-7837
MAIL)shop@deco-net.com

DECO SHOP)http://decoshop.shop29.makeshop.jp/shopdetail/004001000018/

Amazon)http://www.amazon.co.jp/dp/4906905021



編集部では、早くも第三巻の制作が始まっています〜


『週刊ポスト4.12号』に掲載!

小学館発行『週刊ポスト 4月12日号』に、




坪内祐三さんが書いてくださった
昭和の東京 1 新宿区』の書評が掲載されています!


(↑クリックで拡大します)


ご自身の思い出話が満載。


そう、これは自分の思い出の風景を誰かにしゃべりたくなる本なんです。

先日新宿歴史博物館で行なわれた
泉麻人さんのトークショーでもそう。
「この道の右側には○○があって……」とお客さまも参加して盛り上がりました。

書店で手にとってくださる方を見ていてもそう。
連れ合いに「ねぇねぇここって……」と思わずしゃべりかけてしまう光景をたくさん目にします。



もっともっと多くの人の話のネタになりますようにー!


『昭和の東京1新宿区』は
4/11、19:00現在Amazonの在庫が

DECO SHOPでも送料無料で購入できます


第2巻『昭和の東京2台東区』は
ご予約受付中!

Amazonはコチラ
DECO SHOPはコチラ
※流通の都合で、DECO SHOPでご予約いただくと1週間程度(か、それ以上)早くお手元にお届けできると思います!



『昭和の東京 2 台東区』予約受付開始

加藤嶺夫写真全集 第2巻目、

5月10日発売決定。

昭和の東京 2 台東区




DECO SHOPにてご予約の受け付けを開始しました!!

コチラ をクリック!

お電話、FAX、メールでのご注文も可能です。

TEL)03-6273-7782
FAX)03-6273-7837
MAIL)shop@deco-net.com

完成し次第、
できたてほやほやを、すぐに発送(メール便)いたします。
なるべく早く手に入れたい方は上記の方法でご注文いただくのが最速です。

また、全国書店でもご注文・ご予約可能ですので、
お近くの書店さんにお問い合わせください。


よろしくお願いします〜!


雑誌『東京人』で紹介されました〜

昨日4/3発売の雑誌『東京人』で、



『昭和の東京1新宿区』が紹介されました〜〜〜〜〜!!!









こんな記事もありました。



まさに我が家はこの小田急線地下化の区間にあって、
地下化される直前は
消えてしまう風景をおさめようとするカメラマンたちがたくさんいました。

変わりゆく東京を実感。
いま見ている街角は、数年後にはもう懐かしの街角になっているのかもー



くり

三省堂書店 神保町本店ベストセラー!

出版業界紙『新文化』に掲載されている

三省堂神保町本店さんのベストセラーに……







デコ『昭和の東京 1 新宿区』が!!!!!!!!!!

美術・音楽ジャンルで2位です。

(1位は私がだいすきな電気グルーヴのアレですね)


う・れ・し・い !



台東区も、もうじき発売ですよ〜〜〜!


くり


大好評!『昭和の東京 1 新宿区』


3月7日に発売しました『昭和の東京 1 新宿区』が、
おかげさまで大好評!

新宿区内の書店さんを中心に、
追加注文をたくさんいただいています!!!!

どーーーーん!とワゴンに積んでくださっている
各書店さま、ありがとうございます!


意外にも他の区の書店さんでも好評です。
デコのある神保町では……


書泉グランデさん4Fには
監修者のおひとり泉麻人さんの色紙を貼っています。



東京堂書店さんでは
なんと週間ベストセラー4位!!!!



Amazonは品切れ状態が続いています。

待ちきれない方はDECO SHOPでどうぞ。


『昭和の東京 1 新宿区』発売!


3月7日、本日発売!

『昭和の東京 1 新宿区』


ポスターとPOPを作りました!!



POPは東口バージョンと西口バージョンがあります!

東口バージョンには、
昭和47年の日活オスカーの写真。
(現在のマルイシティ新宿)


西口バージョンには、
昭和46年の新宿西口商店街の写真。
(現在の大ガード交差点)


書店でPOPを見つけたら、どちらのPOPが使われているか見てみてください〜。
西口バージョンは10枚ほどしか作ってないので、レアです!


※流通上の都合で、
3月7日発売日に搬入が間に合っていない書店さんがあります。
ご迷惑をおかけいたしますが、もうしばらくお待ちください。





泉麻人さん講演のお知らせ

新刊『昭和の東京 1 新宿区』監修のおひとり、
泉麻人さんの講演会が開催されます!

『昭和の東京 1 新宿区』収録の加藤嶺夫さんの写真も
たくさん紹介される予定。



**以下、新宿区立新宿歴史博物館のホームページより引用**

「東京オリンピックと昭和30〜40年代の東京」

東京観察歴50年以上。
東京風俗、レトロカルチャーなどをテーマにし、街の魅力を引き出し続ける東京ウォッチャー泉麻人さんが、昭和39年に開催された東京オリンピックや、当時の東京のようすをお話しします。

【日 時】3月2日(土)10時〜12時
【会 場】新宿歴史博物館 2階講堂
【講 師】泉麻人(コラムニスト)
【定 員】100名(多数抽選)
【料 金】無料
【共 催】東京商工会議所 新宿支部
【申込み】2月28日(木)必着。
     webか、学芸課(03-3359-2131)に直接お電話でお申し込みください。
【問合せ】新宿歴史博物館 学芸課 TEL03-3359-2131

《講師紹介》
泉 麻人(いずみ あさと)
1956年新宿区落合生れ。新宿区立落合第一小学校出身。『週刊テレビガイド』などの編集に携わった後、フリーのコラムニストに。
各種雑誌への連載のほか、『ナウのしくみ』(文藝春秋)、『東京23区物語』(主婦の友社)など著書多数。DVD『東京風景』(NHKエンタープライズ)では監修・解説・声も担当。テレビ出演・司会(「テレビ探偵団」「出没!アド街ック天国」ほか)などのほか、近年は気象予報士としても活躍中。



刷り上りました!



新刊 『昭和の東京 1 新宿区』 刷り上りました〜〜〜〜!



さっそくご予約いただいていた方々へ発送!
楽しんでいただけますように◎

※書店やAmazonでご予約の方は、もうしばらくお待ちください。
なお書店発売は3月7日の予定です。




とてもキレイな刷り上りで
うれしいな〜うれしいな〜。

撮影当時の地図(昭和38年度版)や


当時の都電系統図


なども収録されていて、大充実の内容です。



わたしは昭和22年生まれの父にプレゼントする予定です。
父はずーーーっと東京で働いていたし、
この第一巻「新宿区」には、
父がいた会社の看板が写っている写真があったので
きっと喜ぶだろうと思って。

週末に見せよう!

私の地元、「板橋区」も早く見たいな〜〜〜〜〜〜



加藤嶺夫写真全集『昭和の東京 1 新宿』
DECO SHOP(送料無料)

Amazon



 **


もうすぐひなまつり♪


和紙で作った我が家のおひなさま




くり


デコ新刊のお知らせ!!!

デコ2013年の新刊第1冊目は……



加藤嶺夫写真全集

『昭和の東京 1新宿』

川本三郎・泉麻人/監修





昭和世代には思い出のアルバム。平成世代には驚きの一冊。
未発表の約4000枚を含む驚きの収録内容で“持っておきたい”貴重なシリーズ第1巻。

加藤嶺夫が34年間(1966〜2000年)撮り続けた4500枚に及ぶ
東京の“消えた街角”を“区”ごとに編集。
著者初のダブルトーン印刷で濃淡豊かに美しく再現しました。

東京論の巨匠・川本三郎と泉麻人による解説(エッセイ)も見どころ。
撮影時(昭和38年)の地図と現在の地図も収録され、街歩きも楽しめます。



発売元:デコ
価格:1890円(税込)
発行日:2013.3.7



お楽しみに〜〜〜〜〜!