カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最新の記事
過去ログ
最近のコメント
  • 『技術の正体』を深く読む
    通りすがりの (02/04)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    デコ (09/07)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    松竹梅 (09/04)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    営業部 (08/14)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (08/13)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    団吉 (07/15)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (07/02)
  • 服部文祥さんが雑誌『週刊文春』に登場
    (06/21)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    ミッチー (05/14)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    デコ (05/11)
最近のトラックバック
スタッフプロフィール
Search
Mobile
『MORGEN』に広告を出しました

『MORGEN』(モルゲン)は、
生徒会担当教諭、司書教諭を通して、小中高校の生徒に配布する新聞。

このたび6/8発行の6月号に広告を出稿しました。




『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』『ぼくらの昆虫採集』

生徒さんにも先生方にも読んでほしい2冊です


☆高橋団吉 講演会開催のお知らせ☆

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の著者:高橋団吉が、

一般社団法人 日本経済協会「創立70周年 記念講演会」で、

講演させていただくことになりました。



○○○

2016年5月26日 午後 2 時〜午後 5 時 (開場:午後 1 時 30 分)

会場 廣瀬第2ビル B1階 会議室(東京都千代田区神田錦町 3-19)
   東西線「竹橋」駅徒歩2分
   半蔵門線・都営新宿線・都営三田線「神保町」駅徒歩5分
   JR線・銀座線「神田」駅徒歩15分
   JR線「お茶の水」駅徒歩12分


ご挨拶 :一般社団法人日本経済協会 理事長 田村正勝

第1部 14:10〜15:10
   『 真実の新幹線誕生秘史/ 十河信二に学ぶこと 』
   講 師:高橋団吉 氏 株式会社 デ コ 代表取締役

  



第2部 15:20〜17:00
   『2016 年下期の景気見通し‐直面する「内憂外患」を克服できるか‐』
   講 師:田村正勝 一般社団法人日本経済協会 理事長

○○○


『真実の新幹線誕生秘史 / 十河信二に学ぶこと』と題して、

60分間、熱く語ります! 

是非聞きにきて下さいませ。


詳細/お申込→
http://www.nksk.or.jp/wp-content/uploads/2016/04/1cb1c8c851fae6ef91424c49126df1f0.pdf



3月26日の北海道新聞がスゴイ。

3月26日、北海道新幹線が開通しましたが…

地元の『北海道新聞』の盛り上がりがスゴイ!





北海道新幹線ラッピング祝
裏面には時刻表が載ってました〜拍手
中ページも新幹線関連の記事ばかり!


さて、そんな3/26の北海道新聞に、広告を出しました!



ラッピングをとった1面です!


北海道新聞をとっている方はぜひ見てみてください〜


初日の北海道新幹線に…!

なんとなんと、函館住まいの私の兄家族が、

北海道新幹線に乗ったそうです!

さすがマメ男の兄です。

初日のチケットを取ってるなんて。


姪っ子も嬉しかったことでしょう。


地元の女子高生の手作り(らしい)顔ハメ。








開業日の26日は、函館はお祭り騒ぎだったそうです。

それだけ大きなことですよね、新幹線開業。



さて、日本で最初に走った新幹線は

みなさんご存知、東海道新幹線ですね。

戦後の成長期、速度と輸送力を上げなければ

ヒトもモノも運びきれなくなっていた東海道線で

この「夢の超特急計画」がはじまりました。



もちろん世界最速・安全の新幹線の車体を作る技術も必要ですが、

そもそも、新幹線は在来線の狭い幅の線路では走れません。

用地を買収し整備し、幅広の線路を一から作る必要もあります。

当時、運賃値上げすら自由にできない“国鉄”で、

「新幹線」なんていう大それた計画は、“夢のまた夢”と思われていたようです。

事実、政府も世論もこの計画に大反対。



それでも、十河信二は、暑苦しいほどの情熱と粘り強さ、戦略をもって

成し遂げたのです。



十河信二が東海道新幹線を走らせたことが、

どれだけ日本の力になったでしょうか。


彼がいて、東海道新幹線の成功があったから、

今回の北海道新幹線、昨年の北陸新幹線……と

新幹線が各地を走るようになったのです。




一人でも多くの人に

彼が東海道新幹線を走らせるためにやった、

気の遠くなるほどたくさんの、困難なことを

知ってもらいたいです。


『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』




北海道新幹線に乗って姪っ子に会いに行きたーい!



3/26 北海道新幹線開業日に広告

土曜日、北海道新幹線が開業し、

ついに九州から北海道まで新幹線がつながりました。



そんな歴史的な日、

『朝日新聞』(北海道版と都道版)に広告を出しました〜。







今回開業した北海道新幹線も、

昭和30年に国鉄総裁にかつぎだされた十河信二がいなければ、

きっと実現しなかったでしょう。



“新幹線を走らせる”ということが、どれだけ大変なことか、、、


『新幹線を走らせた男』をぜひ読んでください。


札幌の方々へ


現在、紀伊國屋書店 札幌本店さんでは、

北海道新幹線フェアを開催中!


書店員さんが写真を送ってくださいました。





新幹線・鉄道関連本がた〜〜〜っくさん並ぶ中に……




『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』も置いていただいています!


著者サイン色紙も取り付けていただいています〜!



新幹線本がこんなに充実しているなんて、

なかなかないと思います。

お近くの方は、ぜひぜひ足を運んでみてください!






本日発売『旅と鉄道』3月号!





本日1/21発売! 雑誌『旅と鉄道』に、

『新幹線を走らせた男』著者、

高橋団吉インタビュー記事が掲載されています!





原稿を書き終えるまでの苦労が語られています。

長い長い取材期間を経て、やっと形になった一冊。

それだけ当時の国鉄と十河信二という人の人生は濃いものだったのです。


記事の最後で、

「日中戦争時代の十河信二」も

「書かないわけにはいかない」と言っていますが……

どうなんでしょうね〜〜〜?



そう、“国鉄総裁”十河信二は彼の人生の“71歳〜”ですから!

その前の70年も、きっと濃ーーーいものだったんだろうなぁ…。

気になりますね。



とにかく! まずは『新幹線を走らせた男』を読んでみてください。

そしてその前の十河信二の人生を知りたくなったら……、



著者へ励ましと応援のメッセージをお待ちしております!




みのもんたさん×高橋団吉さん対談


文化放送で2週に渡って放送された、

「みのもんたのNipon discover again」、いかがでしたか??





1週目は、十河信二の濃〜〜〜〜〜い人生に、みのさんびっくり!

2週目は、周囲世論の大反対に負けず新幹線を走らせた
     十河信二さんの先見の明に、みのさんびっくり!


みのさんも知らない新幹線誕生の秘史がたくさん語られましたね。


聞き逃してしまった方は、今日から一週間、番組ホームページでアーカイブ音源を聞くことができますので、ぜひチェックしてくださいね〜!

収録時のエピソードは、
同行した営業部長が後ほどご報告します〜♪

お楽しみに。




もちろん『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』には、
ラジオでも触れられなかった十河さんの活躍がたーーーっぷり書かれています。

ぜひ読んでください!

DECO SHOPでご購入の方には限定プレゼントをお付けしています★





近藤正高さんによる書評が掲載

書評紙『週刊 読書人』最新号(2016.1.8発行)に

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』(高橋団吉)の

書評が掲載されました!!!




評者は昨年発行された話題書『タモリと戦後ニッポン』著者の近藤正高さん。



十河信二の濃厚な人生にも注目し、評してくださっています。

十河さんの濃〜い人生については、
日曜日(1/10)17:00〜放送された
文化放送『みのもんたのNippon discover again』でも話題になり、
みのさんが驚いていましたね。

『みのもんたのNippon discover again』は
次の日曜(1/17)も著者・高橋団吉が登場します。

こちらもぜひお聞きください!

番組サイトで1/10の放送が聞けます⇒http://www.joqr.co.jp/mino/2016/01/110.html




『歴史街道』2月号

本日発売の雑誌『歴史街道』2月号で、

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』(高橋団吉)が紹介されました!






今号の巻頭インタビューは、今年の大河ドラマ「真田丸」の主演・堺雅人さん!
特集は真田信繁!

みなさん、ぜひご覧ください〜!




 ** 




お正月に関西の実家に帰ったスタッフからのお土産がナイスセンスでした♡





『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』高橋団吉
DECO SHOPならサイン本も購入いただけます!




広告掲載



12/27(日)、朝日新聞に広告を出しました。

「今年を読む 来年を読む」という書籍広告企画です。
書店員さんのお話とともに、
たくさんの書籍が掲載されています。

ぜひご覧ください〜!


昨年は広告をたくさん出した一年でした。
どんなに良い本を作っても、
知ってもらえなければ、読んでもらえない…。

まだまだデコという出版社を知らない方がたくさんいます。





がんばります。


あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

デコは本日仕事始めです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、さっそくお知らせです。

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の著者が

ラジオにゲスト出演します!


文化放送

みのもんたのニッポン discover again

1/10(日)&1/17(日)17:00〜 




みのもんたさんとどんなお話をしたんでしょう〜??
みなさんぜひお聞きください!


  **


みなさん、どんな年末年始を過ごされましたか?

わたしはサン・セバスティアンへ美食の旅に出ました〜。

バスク地方(スペイン北部&フランス南部)の
サン・セバスティアンは世界一の美食の町として知られています。

スペインといえば、最近日本でも流行りの“バル”スタイルですよね〜。
バルといえば“ピンチョス”。
サン・セバスティアンは“ピンチョス”発祥の地なのです。

ミシュラン星付きレストランもたくさんある町ですが、
今回はひたすらバル巡りをしました。
おいしかった〜♡ たのしかった〜♡


カウンターにずらり!と並ぶピンチョス。



バスクの微発泡ワイン“チャコリ”は高いところから注ぎます。



ものすっごく綺麗なラ・コンチャ湾。


学生時代、マドリッド・バルセロナ・セビーリャ・グラナダをまわって、
アンダルシア地方の大ファンになったけれど、
バスクも負けてない。

同じ“バル”文化でも、アンダルシアとバスクでは全然違うのもおもしろかったです。


そして乗り継ぎのトルコでもおいしいものを満喫〜。



トルコといえば、の“ロカンタ(食堂)”で。


夜のブルーモスク。


トルコも2度目。
好きな国は何度来てもたのしい。また来たい。



今年もがんばりまっす。



くり


2015年ヒット商品番付 東の横綱!





今年も発表されました、日経ヒット商品番付


なんと東の横綱は「北陸新幹線」!!!

開業半年で480万人が利用し、兼六園など北陸の観光地もにぎわせました。



来年3月には北海道新幹線も開業


ますます注目を集める“新幹線”ですが、
すべての始まりは十河信二さんが走らせた東海道新幹線!

その誕生秘史を、ぜひ今読んでほしいです!




新幹線を走らせた男
Amazon
DECO SHOP サイン本限定販売中! おまけのオリジナルしおり付き!



今日の「朝日新聞」夕刊を見て!

今日の「朝日新聞」夕刊は、書籍広告特集です!

掲載されている広告のほとんどが書籍! しかもカラー!



なかなかないこの機会に、デコもドーンと広告を出しました!



新幹線のイラストの上で腕組している男性は、
『新幹線を走らせた男』主人公の十河信二さん!
書籍にも収録されていない、貴重なお写真を使わせていただきました!



『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』は、
AmazonDECO SHOP、全国書店等で好評発売中。

DECO SHOPではサイン本を限定販売しています★

在庫がない書店でも取り寄せできますので、
書店員さんにお問い合わせください。


 ***


さて、今日のデコには豪華なおやつがあります。



なんと『新幹線を走らせた男』を読んだ方からの贈り物!


著者とスタッフでおいしくいただいています!
ありがとうございます!


杏さんが「BOOK BAR」で紹介してくれました〜!!


土曜日、J-WAVEの「BOOK BAR」で、


女優の杏さんが

新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』を


紹介してくれました!!!



2段組736ページを全部読んで、めちゃくちゃ語ってくれました。



YouTubeに音源が上がっています。ぜひ聞いてみてください〜!






「有法子」

以前、ブログでもちらりと紹介した「有法子」。


『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』を読んでくださった方は
おわかりのはず!

そう、十河総裁の座右の銘です。


この言葉にまつわるエピソードが、
先月『日経新聞』の「私の履歴書」で掲載されていました


http://blogs.yahoo.co.jp/rekitomo2000/65613882.html
こちらのブログをご覧下さい!
この方、『新幹線を走らせた男』も紹介してくださっています。
ありがとうございます〜〜〜!


このエピソードを紹介しているのは、JR東海の葛西敬之名誉会長。
じつは葛西会長、デコの『新幹線を走らせた男』を読んで、
すぐに感想のお手紙をくださったのです!!!
著者もとーーーーーっても喜んでいました。
ありがとうございます!



最近、新聞に書評が掲載されるなどして、
注文がとてもとても増えています。

Amazonではずいぶん長いこと品切れ中。

弊社ではウェブでもお電話でもFAXでもおハガキでもご注文をお受けしています。
すぐに発送いたします。


よろしくお願いします!!!!!!!!





  ***


先月、『朝日新聞』にこんな広告を出しました。
気づいた方、いらっしゃいますか〜??







『毎日新聞』『サンデー毎日』掲載!



昨日11/4(水)の「毎日新聞」で

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』が紹介されていました!






11/3発売の「サンデー毎日」に、プレゼントを提供させていただきました!



『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』は
全国書店(取り寄せ可)、
Amazon(長らく品切れ中)、
公式サイト(即日発送)
等で販売中。


ぜひ〜〜〜〜〜!



新聞各紙に掲載されました!

10/24、25の新聞です。




各紙に『新幹線を走らせた男』の書評が掲載されました!


この影響か、Amazonはずーーーっと品切れ。

DECO SHOPならすぐに発送しています。

電話(03-6273-7782)でもご注文をお受けしていますので、
お気軽にどうぞ〜!




「てんとう虫」で紹介されました
「新文化」にボス登場

昨日発売の出版業界紙「新文化」に、

弊社ボスで『新幹線を走らせた男』著者の高橋団吉の

インタビュー記事が掲載されました!



実物はもーーーーーーっとイケメンです★



『新幹線を走らせた男』を詳しく紹介さていただいています。

15年かかった(!)構想から上梓までの裏話も…。



ぜひご覧ください。



すでに手に入れている方、

サインご希望でしたら神保町1-64 株式会社デコへウェルカム!




10/14は“鉄道の日”でした

10月14日は“鉄道の日”というのをご存知ですか?

Wikipediaによると……

  明治5年9月12日(新暦1872年10月14日)に、
  新橋駅(後の汐留貨物駅、現・廃止)と
  横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)とを
  結んだ日本初の鉄道(現在の東海道本線の一部)が開業したこと

  並びに、
  1921年(大正10年)10月14日に鉄道開業50周年を記念して
  東京駅の丸の内北口に鉄道博物館(初代)が開館したこと、

  を記念したもので翌1922年から鉄道記念日として鉄道省により制定された。



そうです。


そんな“鉄道の日”の昨日、朝日新聞に企画広告が掲載されました。





左上に『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』!

鉄道好きアイドル・松井玲奈さんのインタビュー記事とともに、
ぜひご覧ください!


デコ新刊『新幹線を走らせた男』好評発売中です!
最近出張が多く、新幹線に乗りなれてきました。

デコ新刊『新幹線を走らせた男』で、新幹線の知られざる歴史を知れば、
新幹線に乗るのがもっとおもしろくなるはず!
と熟読中見る


ヴィレッジヴァンガードお茶の水店で、『新幹線を走らせた男』を発見!
ノンフィクションなどの本がおかれている中にありましたニコニコ

ヴィレッジヴァンガードは、何時間でも楽しめる場所ですよねハート
店内を歩くだけで、いい音楽が流れてきたり、
ふだん読まない本のジャンルにいつの間にかたどり着いたり、
最後にお菓子もちょっと買って帰れるし・・・植物
POPを見ていても楽しいしラブラブ

行くたびにいろんなことが勉強になります〜


さてさて週末は、HBギャラリーで開催中の、
イラストレーター濱愛子さんとコピーライター片塩宏朗さんの展示に行ってきました。



濱さんのイラストに、片塩さんが言葉をそえていきます。
濱さんのイラストを見るだけでもハッとする感動があるのに、
片塩さんの言葉がさらにさらにその感動を倍倍に!よつばのクローバー

ほんとーーーーーーーーに素敵な展示でした。
10月7日までのようです。
ぜひ!!!


こちらは実家から届いたカボス。
切った瞬間果汁がしたたり、みずみずしさにびっくりしました。

さんまを焼こう・・・ディナー


さいとう


モグモグ

朝日新聞に広告を出しました!



9月27日(日)の朝日新聞に広告を出しました!
読書欄対抗ページの「ノンフィクション」関連本特集です。


Amazon購入ページはこちら

Amazonha品切れ中ですので、お急ぎの方はDECO SHOPへ

著者・高橋団吉サイン本



DECO SHOPで、『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』

著者・高橋団吉サイン本が買えるようになりました!

もちろん、DECO SHOP限定のオリジナルしおりも付いてきます。



全国書店でも好評発売中!


新幹線を走らせた男 POP

新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』は、

そろそろ各地の書店さんへ納品されている頃かと思います。





店頭用のPOPもご用意していますので、

もし取り付けていただける書店さんがありましたら、

ぜひご連絡ください!!



また、Amazonでの予約受付も開始されました。


オリジナルしおりは、DECO SHOP限定プレゼントですので、
しおり付きご希望の方はDECO SHOPまたはお電話でご注文ください★

8月23日「日経新聞」




8/23の「日経新聞」に広告を出したところ、

たくさんのお問い合わせ・ご予約をいただきました!

ありがとうございます。





9/11発売ですが、

書店さんによってはすでに店頭に並べてくださっているお店もあります!


どーーーーーーん





写真は書泉グランデさん。

お求めは全国書店(在庫がない場合はお取り寄せください)、

または弊社ホームページでどうぞ。

弊社ホームページでご購入いただくと、オリジナルしおりをプレゼントします。




『新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語』News


じゃ〜〜〜〜〜〜〜ん!


本日、『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』が

無事に刷り上がりました!!!!!!!



うーーん、見た目は無事のようですが、

さて、中身はどうでしょう??

間違いのないことを祈るばかりでございます。




全国の書店さんから、たくさんの注文をいただいております。

9月11日までには店頭に並ぶことと思います。



もっと早く手に入れたい方は、DECO SHOPまで!


※近々、著者・高橋団吉サイン本入荷予定!!!





『新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語』News

冷や汗冷や汗冷や汗疲れてますね〜〜。

でも・・・・
やっとのことで校了しました!!!!!!!祝祝日の出


新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語』の担当編集者、
相澤の校了記念撮影ですカメラ↑↑↑


なんだか、校了した気がしないらしい……。
(大丈夫。校了したよ。夢じゃないよ。しばらくは怒られないよ)



校了を噛み締めながらもう一枚。


相澤の隣に立つ営業部・米良が持っているのは・・・


デコショップで『新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語』をお買い上げの方にもれなくついてくるオラブラブラブ だそうです!


新幹線を走らせた男 国鉄総裁十河信二物語』オリジナルしおり!!
の裏面です。


なぜ裏面を見せているかというと・・・



裏面もお宝度が高し!!なのですお金


なんと、これは東海道新幹線のモデル線の試乗券のコピー拍手
「6月19日 15時35分発」とスタンプが押してあります。


新幹線のかおの形のスタンプがかわいいですラッキー


営業部発

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』立ち読み
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』立ち読み
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』立ち読み
高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News

現在、予約受付中の
9/11発売『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』について、
うれしいお知らせです!


















DECO SHOPでお買い上げいただいた方に、
もれなく“新幹線を走らせた男・オリジナルしおり”をプレゼント!


表は美しい新幹線(馬場ユキヲさんのイラストです!)、
裏面はお宝感がうれしいデザイン。

しおりとして使うもよし、
大事に保存・飾るのもよし!
DECO SHOPだけの特典です。


裏面についてのくわしい情報は、また次のNewsをお楽しみに〜!




もうひとつ、お知らせです!
明日から『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』
“立ち読み”をUPします。


まずはプロローグを、数回に分けて読んでいただけるようにしますので、
こちらもお楽しみに!





限定プレゼント付
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』のご予約はコチラ




高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News

編集制作部のイケメン男性陣をレポしてきました

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』も、9/11発売!
と決まり、いよいよ完成が間近です。

となると、気になるのが営業状況ですよね。

末広がりで縁起の良い数字と言われる“八”。
第八回目の『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』Newsは、営業部をレポしてみました。




ともかく9月売りの新刊営業は地獄。
しかも、140年ぶり猛暑といわれる炎天下の中、書店さんを目指して、

歩く! 歩く! 歩く!




注文シロヨ! って、言われそう

この人、かなりあやしいです。
コ・ワ・イ! と言ってもいいですね。

ドクターストップを無視して、
完全防備で書店営業に出かけている営業部・米良です。

「あまりの日差しで、日傘をさしても意味がない!
 アスファルトの照り返して目が痛い
 きれいな手が焼けちゃったら困る……」
結果、こんな姿になっています。


 
そしてもう一人……

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の著者、
高橋団吉氏の『新幹線をつくった男 島秀雄物語』を原案としたドラマ
「妻たちの新幹線」(NHK 2014年放映)のポスターの横に立つのは
“営業部・ウェブ番長”こと栗林でーす。




営業部の鉄則は、

  毎日きちんとメイクをする!
  おしゃれでかわいく!
  ともかく“ちゃんとする、きとんとする”
  見た目9割!


変な決まりですが、本日も
部長から「う〜ん、かわいいね!」と合格点もらってます。

ホントですか。大丈夫ですか。合格してますか。
※褒められてのびるタイプです



というわけで、弱小営業部ではありますが、
“有法子”の精神で頑張ります!

“有法子”ってなんでしょう???




高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』を読むとわかりますよ〜★



◎ 予約受付中 ◎

高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News

連日、35度超えの厳しい暑さですが、
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』制作現場も入稿目前! 熱いです。





おっ!

久しぶりに登場の鈴木さん…。
最後の追い込み、解けない謎を調べているのかな?

頭の上には「十河本ファイト♡」の書き初めがヒラヒラしています。
この書き初めの真下が編集担当・相澤の席でございます。







そして初登場!

鈴木さんにあーでもない、こーでもないとうるさいことを言っている方が、
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』著者の高橋団吉さんです。

執筆中、「頭が痛い」「指が痛い」
「だるい…これまで体感したことのないだるさだ」
「耳鳴りがする」などなどなど……
脱稿前に入院か!?と心配しましたが、笑ってます。
よかった。大丈夫そう。




さて、編集担当・相澤の様子は……





こちらは眉間にシワを寄せ、苦しそう……


本当に死にそうな入稿前夜でございます。




『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』は予約受付中★
送料無料です。




 営業部発



高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News


新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』Newsも6回目となりました。

前回の制作現場レポートで、「ウソじゃなくて、本当にそろそろ完成しそう!」と
お伝えしましたが、
どうやらウソじゃなさそうです!


やっと、やっと、やっと……、
発売日が9月11日に決まりました。

大安吉日でございます。




しかしながら、まだまだ決めることは山積み。


表紙カバーの“色”で「どっちがいい〜?」とお悩み中。



違い、わかりますか

「うーん、新幹線のボディの色アイボリーもいいね」
「でもー、真っ白もいいんじゃない?」


新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』NewsГ鮃洪靴垢觝△砲
決まっていることを祈るばかりです。




さて、今回はちょっと中身を覗いてみましょう。






ふむふむ……6章立ての35話、700ページ超えの超大作です。


発売日一ヶ月前からは、
新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』“プロローグ”の
「立ち読み」をUPしますので、お楽しみに。




これに先立ちまして、
本日、デコのウェブショップでは予約受付を開始しました!

予約受付ページはコチラ

弊社で予約・購入の方には、出版記念・特別しおり付きです。

お届けは、9月初旬の予定です。
ご予約お待ちしております!





 営業部発

高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News


本日も高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』制作現場をレポートします!


先週金曜は、
“十河本”(社内では略してこう読んでいます)の進行状況に
イライラしている米良(営業部長)が、

「いったいどういうスケジュールで進んでるのーーーーーーー!怒りマーク

と、すごい剣幕で怒り(暴れ)出し・・・・・・・


「どうしてそんなに怒るんですか!

怒らないで普通に話せないんですか!!!」


と、相澤がこれまた怒りをあらわに言い返すという荒れ模様でしたが・・・・・・




今週は、何事もなかったかのようににこやかな打ち合わせをしています。
やれやれ。




さて、本日のテーマは紙選び。




『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の表紙と見かえしの紙を選んでいます。

あーでもない、こーでもないと語りあっています。

話を聞いてみると、
デザイナーさんの選んだ色がどうもこの2人にはしっくりこないみたい。


若者の意見を聞こうと、如琴亭漂白さんも駆り出され…

私にはデザイナーさんのセンスの良さ、わかるんだけどなー


結局、
米良「海の色でいいじゃないか〜」
相澤「海の色でいいじゃないか! ですね。笑」

どうも“海の色”に何か意味があるらしい…。

本を読めばわかるそうです! 早く読みたいですね〜






“紙”を決めにかかっていいるということは、
ウソじゃなくて、本当にそろそろ完成しそう!ということ。

以上、本日の現場レポートでした。



営業部発





ちなみに、今回デザインをお願いしているのは、
『昭和の東京シリーズ』『増補 健康半分』をデザインしていただいた、
内川たくやさんです。

今回も素敵なデザイン、期待しています〜★



高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News


本日は、とーっても蒸し暑くて、梅雨真っ只中というお天気!

ところが、こんなうっとうしさを吹き飛ばす
さわやかな青年がいるではありませんか〜




前回のNewsで紹介した、如琴亭漂白(じょきんてい・ひょうはく)こと、
鈴木経史さんです。

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の歴史校閲が無事終了して、
すっきりしているのかと思いきや……


そうではないらしい。


まだ解決できない難問と格闘中とのこと!


というわけで、
モチベーションをあげるために、
思いっきり明るくポーズしてもらいました。







季節に合わせたオシャレが素敵です





さて、こちらにはものすごい暗い顔で腕組みをしている男性がひとり。



「死にそう。死にそう」と声が漏れていました



いったいどうしてこんなに疲れているの?

近づいてみると、机の上には
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』のゲラがあるではありませんか。


そうです、彼は
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』担当編集者・相澤です★★


きっと私に
「スケジュールをまいて、まいて、まいて〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
といじめられて、こんない暗いのでしょう。




さてさてもうひとり、
デコ本の総括をしている大塚です。

ちょっと心配になり、
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』
スケジュール通りにフィニッシュできるかしら?」
と聞いてみたら……





なにも言わずに、こんな穏やかな笑顔を返してくれました。


「あ〜よかった、安心するね〜癒されるね〜」と相澤に言ったら、
「まったく癒されません」と言われちゃった…。




と、今回は『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』
イケメン制作スタッフをレポしてみました。

次回のNewsもお楽しみに!




営業部発


高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News


ご無沙汰しました!!
昨年10月からスタートしました
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』Newsの第3回をお届けします。

もうじき発売になる、なる…と言いながら、
なかなか完成しなくて申し訳ありません。



しかーし!
そろそろ、もうじき、やっと……できあがりそう♡

ただいま、8合目にさしかかりました!!



というのも、
社内のいちばん奥まったエリアにある打ち合わせテーブルが
なにやらただならぬ気配。


ちょっとのぞいてみると……
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の歴史校閲も
佳境に入っているようでございます。










この、ものすごーーーーーーーーーーーーーーーく大変で、
かつ重要な歴史校閲を、
熱いハート♡でやっているのは、
早稲田大学3年生の鈴木経史さんです♡♡


鈴木さんのプロフィールをもう少し紹介すると……

早稲田大学の落研で活躍中!
高座名は、如琴亭漂白(じょきんてい・ひょうはく)です。

清潔好きなのに、汚い社内で大丈夫かしら?笑




営業部発



ボス・高橋団吉著『新幹線を作った男 島秀雄物語』原案ドラマ再放送!

明日12月20日(土)15:10〜

NHKスペシャルドラマ『妻たちの新幹線』が再放送されます!

先日の放送を見逃した方は必見!

ぜひご覧ください。





『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』も、

もう少しでお披露目予定。

お楽しみに!



高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News

今週は月曜日からずーっと雨が降ったり止んだり……。

今日は久しぶりの晴天で気持ちがよかったですね〜。
まさに洗濯日和!

お洗濯のほかにも、天気の影響を受けるものって、たくさんありますよね。


先日お知らせした
高橋団吉『新幹線をつくった男 島秀雄物語』が原案となった
NHKスペシャルドラマ『妻たちの新幹線』が、
なんと台風のために放送日が延期になってしまったんです……。


いよいよ!
明日、10月25日(土)夜 7時30分から放送されますので、
ぜひご覧下さい!




さて、高橋団吉が今がんばって書いている
『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』の十河信二は、
もちろんこのドラマ『妻たちの新幹線』にも登場します。

演じるのは伊藤四郎さんですが……






本物の十河信二は、
いったいどんな顔をしていたんでしょう??



知りたい方は、
東京駅19番ホームに行けば、
十河信二の座右の銘「一花開天下春」
とともに、お顔を見ることができますよ〜。



営業部発



高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News

いまから50年前……1964年 10月 1日 午前6時。

東京駅19番ホームから“夢の超特急”と呼ばれた
東海道新幹線は走り出しました。

さて、この「新幹線開業50周年記念」の今年、
デコから「新幹線」がテーマの新刊が発売になります。





『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』

高橋団吉



高橋団吉といえば、、、そうです!
『新幹線をつくった男 島秀雄物語』の著者でもあります。

この本をお読みになった方は、
「新幹線をつくったのは、島秀雄さんなんだぁ〜」
と思っていると思うのですが、

じつは、
新幹線は当時の国鉄第4代総裁 十河信二がいなければ、

50年前……の10月1日、

東京オリンピックの9日前に開業することはできなかった!

断じて東海道新幹線は誕生していないのだ!


ということが、よくわかるお話です。


日本が世界に誇る夢の超特急“新幹線建設事業”を実現するために、
技師長に島秀雄を抜擢し、
技術面以外の、政治面、資金面のすべてを支えて
幾度となく辞任に追い込まれながらも、
2期8年、国鉄総裁として戦い続けた
“新幹線を走らせた男”の2920日の記録!


感動の新幹線誕生秘話をお楽しみに〜!



ちなみに、
高橋団吉『新幹線をつくった男 島秀雄物語』が原案となった

NHKスペシャルドラマ『妻たちの新幹線』が、

10月13日(祝・月)夜7時30分放送。



こちらもお楽しみに〜〜〜!


営業部発