カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
最新の記事
過去ログ
最近のコメント
  • 『技術の正体』を深く読む
    通りすがりの (02/04)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    デコ (09/07)
  • 戦後70年企画 広告出稿
    松竹梅 (09/04)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    営業部 (08/14)
  • 高橋団吉 『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (08/13)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    団吉 (07/15)
  • 高橋団吉『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』News
    十河光平 (07/02)
  • 服部文祥さんが雑誌『週刊文春』に登場
    (06/21)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    ミッチー (05/14)
  • 『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
    デコ (05/11)
最近のトラックバック
スタッフプロフィール
Search
Mobile
服部文祥さんの小説が雑誌『新潮』に
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんの小説が今月号(12月号)の『新潮』に掲載されています。
タイトルは「息子と狩猟に」。



居並ぶ芥川賞作家より名前の活字が大きい!


あさって2日、服部文祥さんと内澤旬子さんのトークショー
『サバイバル登山入門』の著者・服部文祥さんの2日のトークショー「ニッポンの銃と獣」(内澤旬子さんとの対談)は、まだ残席があるようです。ご興味ある方はぜひ。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/48398

・チケットはこちらから

服部文祥さんと内澤旬子さんのトークショー
サバイバル登山入門』が好評発売中の服部文祥さんと、新刊『漂うままに島に着き』を刊行した内澤旬子さんが、10月2日にLOFT9 shibuyaでトークショーを行なうようです。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/48398

なかなかおもしろそうだ。

「図書館教育ニュース」に『サバイバル登山入門』が


少年写真新聞社が発行する「図書館教育ニュース」の8月8日号(「山の日」特集)で、『サバイバル登山入門』が取り上げられました。



「知って安心、山登りの基礎知識」のくくりのなかで紹介されているのがとてもうれしいですね。

山の日に広告! (サバイバル登山入門)




8月11日の「山の日」の『毎日新聞』の朝刊に『サバイバル登山入門』の広告を出しました。

サバイバル登山的に言うと、8月はイワナの季節。
みなさん釣ってますか。



服部文祥さんが「梅棹忠夫・山と探検文学賞」を受賞


サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
第5回の「梅棹忠夫・山と探検文学賞」を受賞しました。

対象作品は『サバイバル登山入門』ではなくて、
『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房)なのですが、
なにはともあれおめでたい。

ツンドラだけでなく入門もぜひお読みください。


『サバイバル登山入門』、読まれています!


その1
『PEAKS』(判佝納辧2016年3月号の特集「地図読みの基本」にて、
フォトグラファー杉村航さんが紹介してくださっています。




その2
長野のフリーマガジン『日和』(まちなかカントリープレス)2015年8月号の「僕らが好きなコト」というコーナーにて、
上田市の古本と珈琲「まるさんかくしかく堂」さんが紹介してくださっています。

『サバイバル登山入門』4刷!!





服部文祥『サバイバル登山入門』が、

ついに4刷!!!





買ってくださったみなさん、ありがとうございます。

売ってくださった書店さん、ありがとうございます。




少々過激な内容が含まれますが、
“サバイバル”登山ではなく、普通の登山をする方にとっても
必ず役立つテクニックが満載です。


また、K2などレベルの高い登山をしていた著者が
“サバイバル登山”をはじめたのはなぜか…? 
読み物としてもおもしろい。

Amazonのレビューで、
「文化系男子(女子)にこそお薦めかもしれない」
と書かれていましたが、本当そうかも。



「やってみたい!」と思ったら、
本当に実践できるほど詳細に“サバイバル登山”テクニックを紹介しているし、

「絶対自分には無理〜」と思ったら、
著者の登山を非日常のアドベンチャー読み物として楽しんでほしいです。


あなたはどっち??


どちらにしても超ワクワクするし、
いろいろ考えさせられる部分もあるのがこの本の魅力だと思います。



★DECO SHOPでは著者サイン本を購入できますよ〜★


服部文祥さんのオフィシャルホームページ


『サバイバル登山入門』が絶賛発売中の服部文祥さんですが、
ひそかにオフィシャルホームページが開設されています。
ぜひご覧になってみてください。
どんな雑誌で何を書いているかがわかりますよ。

https://www.tumblr.com/から「服部文祥」で検索してみてください。

『本の雑誌』2015年の第5位!!!


なんと!

『本の雑誌』最新号で発表された

2015年のベスト10に、『サバイバル登山入門』がランクイン!!!





第5位です!!!



著者が出演した動画も公開中ですので、ぜひご覧ください〜!


【焚き火編】



【イワナ釣り編】



【イワナ刺身編】
https://www.youtube.com/watch?v=QEby8RJR30c



DECO SHOPでは貴重な著者のサイン本も販売しています!



服部文祥“アーバンサバイバル”のすすめ

先日、代官山蔦屋さんで、

服部文祥さんのトークイベントが開催されました〜!



曇ったり雨が降ったり…のお天気でしたが、
たくさんのお客様がご来場くださいました!

ありがとうございます。






これまであまり語られてこなかった
横浜の自宅での生活をたっぷりお話しされ、みなさん興味津々。
質問もたくさん出ました。



トーク終了後には、おひとりずつサインや写真撮影に応じます。




トークイベント中には、ぽろぽろと話題が出ましたが、

じ   つ   は ・・・・・・



“アーバンサバイバル”をテーマに新刊計画が進行中!




発売は来春の予定です。おたのしみに〜!



『サバイバル登山入門』購入はコチラ


【動画】イワナの釣り方・さばき方/火のおこし方

『サバイバル登山入門』は大好評につき、

ついに3刷り!!!!!


デコ初めての3刷りです〜!

うれしいなうれしいな。

著者の服部文祥さんは、みすず書房さんの新刊も好評のようです。
いろんなトークイベントに招かれ、メディアにも登場して…
ますます注目が集まっていますよ〜



さて、そんな服部文祥さんとデコの編集担当O塚が、
先日サバイバル登山をしてきました。


服部さんのテクニックを動画で撮ってきてもらったので、
みなさまぜひご覧ください。


服部文祥「サバイバル登山入門」イワナ釣り編



服部文祥「サバイバル登山入門」イワナ刺身編



服部文祥「サバイバル登山入門」焚き火編




8月26日は代官山蔦屋さんで服部文祥さんトークイベントが開催されます!
トークのテーマは“アーバンサバイバル”!
初公開の服部さんの日常、気になりますよね〜。

これまでに服部さんのトークイベントに参加したことのある方も楽しめる内容です。


『サバイバル登山入門』または『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房)の購入か、
チケットの購入で参加できますので、
ぜひご参加ください!


お問い合わせ・ご予約は、代官山蔦屋へ。
03-3770-2525
公式サイトはこちら。

服部文祥さんが8/8に群馬県みなかみ町で講演!
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
8月8日(土)17:30〜、群馬県みなかみ町の水上ホテル聚楽にて、講演会を行ないます。
詳しくはこちら→http://www.tanigawadake-eco.com/event/yamanohi_2015.php

当日は、『サバイバル登山入門』の販売も行なわれる予定なので、
まだお持ちでない方は、この機会にぜひ。

講演会は、谷川岳「山の日」制定記念プロジェクトのイベントの一環で行なわれるようで、ほかに登山ツアーも開催されます。

水上といえば、私は数年前の夏、谷川温泉上流の谷川本流を少し歩いたことがあります。涼しかったぁ。
猛暑の夏は、ぜひ、みなかみへ!

『サバイバル登山入門』が『山と溪谷』8月号に
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
山と溪谷社の『山と溪谷』2015年8月号付録「登山白書2015」に紹介されました。





「山岳関係の書籍、雑誌の動向」というページで、
今年のベストセラーとして紹介されています。
筆者はICI石井スポーツ登山本店の書籍売り場担当・間瀬孝之さんです。

《サバイバルをしようがしまいが、それとは無関係に面白く楽しく読めるところが多数の読者を得た理由であろう》

と評してくださっていますが、本当にそのとおりなんです!

登山をしない方、たとえば、
キャンプ好き、DIY好き、野外料理好き、釣り好きの方も楽しく読めます。

ICI石井スポーツ登山本店(東京・神保町)では、
著者サイン本も販売しております。
ぜひ、お買い求めください。

それと、8/26(水)夜、代官山蔦屋にて
服部文祥さんのトークショーが行なわれます。
こちらもぜひご参加ください。


代官山 蔦屋で服部文祥さんイベント


 代官山 蔦屋イベント開催


 服部文祥『サバイバル登山入門』外伝!

 「アーバンサバイバル」のすすめ


2015年8月26日(水)19:00〜 / 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース


・・・以下、代官山 蔦屋ホームページより引用・・・

大自然を舞台に生活をする、サバイバル登山家 服部文祥さんのことをもっとたくさんの方に知っていただきたい!
そんな想いからトークイベントの開催が実現しました。

『サバイバル登山入門』とは、表裏一体をなす「アーバンサバイバル」のすすめ。
"サバイバル登山家"こと服部文祥さんは、ふだんは横浜の住宅地に住み、東京に通勤する勤め人。でも、山だけでなく日々の暮らしでも、なるべく"自由"で"フェア"に生きたいから、ニワトリを飼い(食べ)、カメを食べ、野グソ(!)をする。

サバイバル登山家の日常を初公開します!

【参加方法】
代官山 蔦屋書店1号館1階レジカウンター、お電話、オンラインでご予約承ります。

■参加条件
1、『サバイバル登山入門』デコ 3132円(税込)
2、『ツンドラ・サバイバル』みすず書房 2592円(税込)
3、チケット1500円(税込)

1、2、3、いずれかのご購入で参加券をお渡しします。

【定員】
70名

【ご注意事項】
・参加券の配布は御一人様1枚までとさせていただきます。
・定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
・スマートフォン、カメラ等での録画、録音は禁止とさせていただきます。

【プロフィール】
●服部文祥(はっとり・ぶんしょう)
登山家。作家。山岳雑誌『岳人』編集者。
1969年横浜生まれ。94年東京都立大フランス文学科卒(ワンダーフォーゲル部)。
オールラウンドに高いレベルで登山を実践し、96年世界第2位の高峰K2(8611m)登頂。国内では剱岳八ッ峰北面、黒部別山東面などの初登攀が数本ある。99年から長期山行に装備と食料を極力持ち込まず、食料を現地調達する「サバイバル登山」を始める。妻と三児と横浜に在住。
<著書>
『サバイバル登山家』(みすず書房)
『サバイバル!』(ちくま書房)
『狩猟サバイバル』(みすず書房)
『百年前の山を旅する』(新潮文庫)
『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房)
<編著>
『狩猟文学マスターピース』(みすず書房)
『富士の山旅』(河出文庫)


 ・・・・・・


オンラインストアからのお申し込みはコチラ


服部文祥さんが朝日新聞の「耕論」欄に登場
『サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
2015年7月14日の朝日新聞朝刊の「耕論」欄に登場しています。
テーマは「火山国の私たち」。



「生き抜く力」をつけたい方は、小社刊『サバイバル登山入門』をお読みください!

服部文祥トークイベント情報@湘南 蔦屋書店



『サバイバル登山入門』が大好評の服部文祥さん。


雑誌『Fielder』や『フィールドライフ』最新号の表紙に登場していたり、

今とても旬な方★



そんな服部さんが新刊『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房)を出しました。

これを記念して、
湘南 蔦屋書店さんでトークイベントが開催されるそうです!

詳しくは公式ページをごらんください★


1ヵ月におよぶロシア極東北極圏縦断の旅のお話が聞けちゃいます。

興味のある方はぜひ参加してみてください〜!



服部文祥さんが雑誌『週刊文春』に登場
『サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、『週刊文春』6月18日号(6月11日発売)の「鉄人が伝授するサバイバルの心得」というページに登場しています。



「道具は重要ではないです。(略)それよりも健康な身体、イメージ通りに動く身体が大事です。そして自然に関する知識」
とコメントしています。
服部式サバイバル術を詳しく知りたい方は、『サバイバル登山入門』をお読みください。

服部文祥さんラジオに出演
『サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
今週の日曜(7日)8:30〜8:45に、J-WAVEに出演する予定です。



平井理央さんが司会の「WONDER VISION」という番組のなかの、「FUJIFILM OPINION」というコーナーのようです。

ラジオを聴いていて、「どうしても『サバイバル登山入門』を欲しい!」と思った方は、こちらからどうぞ。

服部文祥さんが雑誌『オール讀物』に登場
文藝春秋の小説誌『オール讀物』6月号の平松洋子さんの連載「この人のいまの味」に、服部文祥さんが登場しています。



平松さんが服部邸に行き、シカ肉カレーや産まれたて卵の卵かけごはんを食べながら、対談するという内容。

小社の『サバイバル登山入門』には、登山中のシカ肉料理だけでなく、
シカ肉カレーをはじめとして家庭でのシカ肉料理も載っています。
お買い求めはこちらから。

服部文祥さんトークショー、盛況に終わる
5月15日(金)夜、書泉グランデにて、
サバイバル登山入門』刊行記念の服部文祥さんのトークショーが行なわれました。





「夏のサバイバル登山に行くならどこがいい」など、
お客さんから具体的な質問も飛び出して、
とてもホットなトークショーとなりました。


GWは、書泉グランデ5Fへ〜

服部文祥さんのトークショー&サイン会にむけて、

書泉グランデさんにはこんなワゴンが登場。






現在ご予約受付中です!


獲って、食べて、登る!
『サバイバル登山入門』刊行記念 
服部文祥さんトークショー&サイン会

5月15日(金)19:00〜20:45(18:45開場)


開催場所:書泉グランデ7F

参加券発行場所:書泉グランデ5F
★『サバイバル登山入門』他、服部文祥さんの著書をお買い上げの方に、
参加券をお渡しします。
『サバイバル登山入門』以外の著書はコチラをご参考に…!

予約・お問い合わせ:書泉グランデ5F(03-3295-0011)


サバイバル登山とは、できるだけ自分の力で山に登ろうという試みです。
テントや時計、ライトを持たず、食料と燃料を現地調達しながら、
道なき山の中を歩いて山頂へ向かいます。

トークショーではサバイバル登山の提唱者・服部文祥さんが、写真や映像を映しながら、
本では書ききれなかったサバイバル登山の裏話をたっぷりと語ります。
シカの解体や、ヘビ、カエル、虫の食べ方など刺激的な話が盛りだくさん。
サバイバル登山に欠かせない愛用道具もお見せします。

※トークショー終了後お買い上げの服部さんの著書にサインをお入れいたします。





シカの前足&5/15服部文祥さんトークショー


先日(といっても3月ですが…)、
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんから、
シカの前足をいただきました。
骨とスジから肉を切り出して、焼肉、シチューにして食べました。
服部さんの解体が上手だからか、とてもおいしかったですよ。

さて、5/15(金)の夜は、東京神保町の書泉グランデにて、
その服部さんのトークショーが行なわれます。


服部さんの著作を買うことが入場券がわりになるので、
ここで『サバイバル登山入門』以外の服部さんの著作を紹介します。

1、『サバイバル登山家』(みすず書房)
カバーの写真が衝撃を与えた記念すべきデビュー作。
サバイバル登山の原点ともいうべき知床縦断の山行記を読むことができます。
永遠のマスターピースですね。

2、『サバイバル! ――人はズルなしで生きられるのか』(ちくま新書)
日本海から上高地まで歩くサバイバル登山紀行がハイライト。
K2登頂のときの話も少し読めます。

3、『狩猟サバイバル』(みすず書房)
鉄砲の免許をとり、狩猟を始めたことによってサバイバル登山が進化。
冬季南アルプスで、テントなしで狩りをしながら間ノ岳に登頂、
というスリリングな話が読めます。

4、『百年前の山を旅する』(東京新聞、のちに新潮文庫
これは食料現地調達の登山ではなく、昔の登山家や山人の足跡を追った山行記。
田部重治の笛吹川遡行やウェストンの穂高岳登頂をトレースしているほか、
鯖街道を一昼夜で歩いたり、江戸時代の黒部奥山廻りのルートを検証しています。

そのほか編著が2冊。
5、『狩猟文学マスターピース』(みすず書房)
ステルン、稲見一良、フリチョフ・ナンセン、アルセーニエフ、辻まことなど、
東西の狩猟にまつわる文学を集めたアンソロジー。
個人的には、坂本直行の「又吉物語」が印象に残りました。

6、『富士の山旅』(河出文庫)
昔の富士登山の文章を集めたアンソロジー。
河東碧梧桐、飯田蛇笏、大町桂月、若山牧水などが入っているのがシブいですね。

『サバイバル登山入門』を買ってしまった人はこれらの本を購入してみてください。






生・服部文祥さんに会いにきませんか〜?

お伝えしているように、5/15(金)19:00〜、

神保町の書泉グランデさんで、服部文祥さんのトーク&サイン会が開催されます!

書泉グランデさんで服部さんの著作を購入すると、参加券をGETできます★

お電話でのご予約も可!(書泉グランデ:03-3295-0011)



ということで、

現在、書泉グランデ5F・アウトドアフロアでは、
服部文祥さんの著作がズラリ!



もう『サバイバル登山入門』は購入済み…
という方も、ぜひぜひ他の書籍をチェックしてみてください!

↑写真左端の『百年前の山を旅する』は、
弊社O塚編集による書籍です。(文庫にもなっていますよ〜)

ゴアテックスもヘッドランプも持たず、
ハンテン、股引、脚絆にわらじという出で立ちで、
100年前の登山を追体験した服部さんとO塚。

取材していた頃には、事務所に脚絆やわらじが転がっていました。


登山をされるみなさん、100年前の登山って気になりませんか??
普段、あたりまえに使っている道具がない登山…想像してみてください。

気になった方は書泉グランデさんへ〜!






服部文祥トーク&サイン会@書泉グランデ




話題の書『サバイバル登山入門』著者の

服部文祥さんトーク&サイン会 開催が決定!!

《開催日時》2015年5月15日(金)
      19:00〜20:45(18:45開場)

《参加方法》
書泉グランデ5階にて「サバイバル登山入門」他、服部文祥さんの著書をお買い上げの先着50名の方に参加券を差し上げます。
(お電話でもご予約受け付けます)

《お問い合わせ》書泉グランデ5階(03−3295-0011)



やってみました。―サバイバル登山入門


先日、服部文祥さんと打ち合わせをした編集O塚が、
鹿の足を1本持ち帰ってきました。

服部さんからの「お土産」だそうです。


一度O塚が持ち帰り、さばいてきたものを、
他のスタッフもおすそ分けしてもらいました。


↓さばき方は『サバイバル登山入門』P185をご参考に。




我が家にやってきたのは、
O塚曰く「いちばん綺麗にさばけた」ところ。





O塚の「筋が硬いから煮込むといい」というアドバイスに従い、
野菜と一緒にトマトと赤ワインで煮込みました。






出来上がり。





鹿肉の味がスープになじんで、とてもおいしかったです。
マッシュポテトが合う!濃厚な味。
鹿の命に感謝しながら、味わいました。



翌朝、少し残った鹿肉煮込みをごはんにかけて、
チーズをのせてドリアにしました。





これもうま〜! チーズ合う〜!





『サバイバル登山入門』では
家庭でのメニューも紹介されています。




参考にして、トライしてみてください〜★



『サバイバル登山入門』が雑誌『岳人』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
ネイチュアエンタープライズ発行の登山雑誌『岳人』の2015年4月号に紹介されました。
(著者の服部さんは、『岳人』の編集部員でもあります)

なんと、服部さんと俳優・瑛太さんの狩猟山行の記事とからめて本が紹介されています。








瑛太さんの《『サバイバル登山入門』はかなり読みました。》という発言がうれしいですね。
(服部さん、きっと流行りますよ。もう流行っているかも…)

カモシカスポーツ 高田馬場店

今日は、高田馬場にあるカモシカスポーツ 本店へ伺いました。

こちら、アウトドアショップですが

書籍売り場もとっても充実しています★



入口の扉を開けるとすぐ書籍コーナー!








『サバイバル登山入門』(服部文祥)もお取り扱いいただいています!



カモシカスポーツ横浜店、松本店でもお取り扱いいただいています!

横浜店は、この↑高田馬場本店よりも書籍コーナーが広いそう!

ぜひ行ってみてください〜★



『サバイバル登山入門』が雑誌『山の本』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
白山書房の『季刊 山の本』2015春号(No.91)の
「本の森」のコーナーで紹介されました。



《書名に「入門」とあるが、「大全」のほうが相応しいほど(内容は)多岐にわたり、……》
と評してくださっています。


日経新聞に『サバイバル』『健康半分』『顔望診』の広告を出しました
2月22日(日)の日本経済新聞の読書面に、
服部文祥『サバイバル登山入門
赤瀬川原平『増補 健康半分
辻内敬子『顔望診をはじめよう
の広告を出しました。
(『サバイバル登山入門』は2刷ができました)




(『顔望診をはじめよう』より)

最近目が疲れている僕は、頭頂部の「百会」のつぼを押そうと思っています。

『サバイバル登山入門』が雑誌『望星』に紹介されました
おかげさまで売れ行き好調、2刷が出来あがった『サバイバル登山入門』が、
雑誌『望星』(東海教育研究所発行)の「BOOKS」のコーナーで紹介されました。



《微に入り細にわたって技術を語ることで、その背後にある著者の自然観や登山観、人生観がよりくっきり浮かび上がってきたように感じられる。また、個々の技術の積み重ねがサバイバル登山を実現させていることもよくわかる。読み進むうちに「神は細部に宿る」という言葉を何度嚙みしめたことか。》

と評してくださっています。最後は、

《本書を手に山に入れば、生きることや食べることの本質を深く考えることになる。子どもたちにぜひ読んでもらいたい。》

と締めくくられていて、とても感動しました。





『サバイバル登山入門』が各地方紙の書評欄で紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
2月1日日曜日の地方紙「秋田魁新報」「山形新聞」「福島民友」「宮崎日日新聞」の書評欄の新刊コーナーで紹介されました(福島民友は1月31日)。


(秋田魁新報)

「山中での食料調達の方法が驚くほど詳細に書かれ……」と評されていますが、そのとおりなんです。
秋田、山形、福島、宮崎のみなさま、ぜひお買い求めください。

『サバイバル登山入門』が「NumberWeb」で紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が
文藝春秋の雑誌『Number』のウェブ版「Number Web」で紹介されました。
http://number.bunshun.jp/articles/-/822628



ブックディレクターの幅允孝さんが、
《「安全で快適な自然」への憧憬ばかりが語られるご時世だからこそ、それが本来もつリスクに自覚的な服部の言葉は体に響く。》
と評してくださっています。

『サバイバル登山入門』が「Akimama」に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
アウトドアカルチャーのニュースサイト「Akimama」に紹介されました。
http://www.a-kimama.com/tozan/2015/02/25619/



「異端の登山家は、山に向かう姿勢において、誰よりも王道を歩んでいる。」
と評してくださっています。

『サバイバル登山入門』が雑誌『母の友』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が
福音館書店の雑誌『母の友』2015年3月号の書評ページに紹介されました。



『サバイバル登山入門』は、野外で活動するコツがたくさん載っている本なので、登山をやらないママパパが読んでもおもしろい本です。ぜひお読みください。

服部文祥トークイベント! 湘南 蔦屋書店

『サバイバル登山入門』発売記念
服部文祥トークイベント@湘南T-SITE 蔦屋書店が行われました。



昨年末にOPENしたばかりの蔦屋さん、
大きなイベントはこれが初めてだそう。
ありがとうございます!



受付カウンターには、『サバイバル登山入門』はじめ、服部さんの著作がずらり。




受付開始からトークイベントが始まるまでの間、
これまでどこにも出していない・今後も出る予定のない貴重な映像を
服部さんが流してくださいました。




いよいよトークが始まります。
編集担当のデコO塚から一言。





お話は、服部さんが“サバイバル登山”というスタイルを持つに至ったきっかけから
一番印象に残っている狩猟や、
お子さんとのサバイバル登山のことまで……
2時間以上めいっぱい使って、いろんな話題が出ました。

私が印象深かったのは、
「私たちが食べているもののほとんどは生き物である」という話題。
殺して、解体して、処理する工程を体験していないから、
実感が持てない人がほとんどだと思います。


ウシガエルはジューシー、
ヤマカガシ(とくに卵)は、絶対に食べないほうがいい。本当にまずい、
などなど、食料についての助言もたっぷり聞けました。



衝撃的なエンディングで、
放送直後の反響が最も多かったという話題の回、『情熱大陸 服部文祥』
秘話も出ました。



※放送を見ていない方は、「情熱大陸 服部文祥」でYouTube検索!



普段使っているナイフや
服部さんが仕留めた鹿の頭(!)も見せてもらいました。





質疑応答の後は、サイン会。




皆さんお一人おひとりとお話しし、写真撮影にも応じてくださいました。








最後に編集担当O塚と服部文祥さんのツーショット。




トークイベントにお越しくださったみなさま、
本当にありがとうございました!!

湘南 蔦屋書店スタッフのみなさま、
本当にありがとうございました!!
またぜひイベント企画しましょうね!


『サバイバル登山入門』はDECO SHOPでサイン本を販売中です。


『サバイバル登山入門』が雑誌『ワンダーフォーゲル』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
山と溪谷社の登山雑誌『ワンダーフォーゲル』2015年2月号の
書評コーナーでとりあげられました。



山岳ガイドの新名健太郎さんが、
「ハウツー本の態ではあるが、読み手の意識しだいではいろいろな読み方ができるように書かれている」
と評してくださっています。

『サバイバル登山入門』が雑誌『PEAKS』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
判佝納劼療仍鎧┿錙PEAKS』2015年2月号の書評コーナーでとりあげられました。



評者は、著書『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』が大ヒット中、自身もアウトドアズマンである四角大輔さんです。

服部文祥さんが『BE-PAL』に登場
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
小学館のアウトドア雑誌『BE-PAL』の2015年2月号の特集、
「2015野遊び年鑑」に登場しています。



1年間の野遊びスケジュールが紹介されています。
「もっと詳しく知りたい!」という方は、
『サバイバル登山入門』をお読みください。

『サバイバル登山入門』が「日刊サイゾー」に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
雑誌『サイゾー』(サイゾー)のウェブ版「日刊サイゾー」に紹介されました。

http://www.cyzo.com/2015/01/post_20117.html


湘南T-SITE 服部文祥トークイベント情報!



『サバイバル登山入門』刊行記念トーク&スライドショー

日時:1/18(日)16:00〜18:00(15:00開場)
場所:1号館2階 湘南ラウンジ
参加費:服部文祥さん著作を湘南 蔦屋書店で購入
お申し込み:電話(湘南蔦屋書店 0466-31-1510)または
      湘南 蔦屋書店2号館1階レジでお申し出ください。


事前に『サバイバル登山入門』を手に入れてトークイベントに行きたいけど、
遠方のため当日しか行くことができない…と嘆いている方に朗報!

DECO SHOPで購入いただいても
トークイベント参加が可能となります!(特別ご招待!!)

※予約が必要ですので、DECO SHOPで『サバイバル登山入門』を購入し、
トークイベントへの参加ご希望の方は、
担当 栗林まで氏名をメール連絡ください。
kuribayashi☆deco-net.com (☆を@に変えてください)


ぜひ『サバイバル登山入門』を読んで、トークイベントにご参加ください!

当日は、ご本人とお話しできたり、
サインをもらったりできちゃうかも…☆


他の書店で購入してしまった方、
湘南 蔦屋書店での対象商品は『サバイバル登山入門』だけでなく、
服部さんの全著作なので、
この機会に他の本も読んで、イベントに参加してみてはいかがでしょうか??



最近、雑誌やテレビにひっぱりだこの服部文祥さん。
元旦には松本人志さん、設楽統さん、小池栄子さん出演のTBS『クレイジージャーニー』にも登場し、
衝撃的な映像で話題となりました。

※見逃した方、You Tube検索〈クレイジージャーニー 服部文祥〉で
見れちゃうかも。かも。



雑誌『Fielder』で表紙を飾ったり、
今月発売の『BE-PAL』にも登場。
小説も気になりますねぇ。


書店さんでも大変好評です!
売れています!



1/18、大人気の服部文祥さんに、ぜひ会いに来てくだいね〜!
担当編集&営業もいます。

お待ちしております。


服部文祥さんの小説が『新潮』で読めます
『サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんの小説(!)が
新潮社の文芸誌『新潮』の2015年2月号に掲載されています。





服部さんの新境地(!?)をぜひご堪能してみてください。
服部さんのサバイバル登山の思想と技術を知りたい方は、こちらを!
http://decoshop.shop29.makeshop.jp/shopdetail/000000000191/004/001/X/page1/order/

『サバイバル登山入門』服部文祥さんの年末年始テレビ出演情報
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんがテレビに出演します。

まずは今日30日20時〜BS朝日にて「秘境・秋山郷 マタギの里の恵み」
http://www.bs-asahi.co.jp/hikyou_akiyamagou/

そして、1月1日0時20分〜(日付は2日)TBSにて「極バラ『クレージージャーニー』」。
http://www.tbs.co.jp/program/crazyjourney_20150101.html

どちらもお楽しみに。

ICI石井スポーツで『サバイバル登山入門』サイン本発売中
登山用具店ICI石井スポーツさんで、
サバイバル登山入門』の著者サイン本が販売されています。
東京・神保町の登山本店で販売されていることはすでにお伝えしたとおりですが、
・大丸東京店
・吉祥寺店
・立川店
・仙台泉店
・松本店
・神戸三宮店
でも、販売されています(品切れになっていたらごめんなさい)。
各店のお近くにお住まいの方は、サイン本入手のチャンスです。
ぜひ足をお運びください。


(写真は登山本店)

『サバイバル登山入門』が雑誌『Fielder』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
笠倉出版社の『Fielder』vol.19に紹介されました。

服部さんが7ページにわたって原稿を書いていて(今シーズンの狩猟山行記、必読!)、
そのあとに1ページで、本の内容が紹介されています。





この号の『Fielder』は、特集が「自給自足技法」で、かなり濃い内容。シカを運ぶ服部さんが表紙です。

服部文祥トークイベント開催!@湘南 蔦屋





先日内覧会レポートをした湘南 蔦屋書店さんで、

『サバイバル登山入門』著者・服部文祥さんのトークイベントを開催!

2015年 1月 18日(日)
16:00〜18:00(受付15:00〜)


会場:湘南T-SITE 蔦屋書店 ラウンジ

参加:湘南 蔦屋書店で服部文祥さんの著作を1点ご購入。
   電話予約も可。
   湘南 蔦屋書店TEL 0466-31-1510


写真を映しながら、服部さんにサバイバル登山を語っていただきます。
『サバイバル登山入門』では書ききれなかったいろんなことをお話する予定。

本の発売後に行ったサバイバル登山のお話も聞けちゃいます。

もうほかの書店で『サバイバル登山入門』を買っちゃった!という方も大丈夫。
服部さんすべての著作が対象なので、
この際、服部文祥本をコンプリートしちゃいましょう。

デコO塚が編集した『百年前の山を旅する』もおすすめです☆





『サバイバル登山入門』が雑誌『Basser』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
釣り人社のバスフィッシングの雑誌『Basser』の2015年1月号に紹介されました。
「バサー図書館。」のコーナーです。



「贅沢な全ページフルカラー製本のおかげで、毒キノコの見分けかたもよくわかる。とくに雪の上でのシカの解体シーンはフルカラーならではの迫力」
と評してくださっています。

『サバイバル登山入門』が雑誌『ランドネ』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
判佝任痢悒薀鵐疋諭2015年2月号の「今月のBook Review」のコーナーで、
紹介されました。



評者は、雑誌「野宿野郎」を主宰するかとうちあきさんです。

服部文祥さん出演のテレビ番組「秘境・秋山郷 マタギの里の恵み」がBS朝日で放送
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが出演した、
長野朝日放送のテレビ番組「秘境・秋山郷 マタギの里の恵み」が、
12月30日(火)20:00〜からBS朝日で再放送されます。
http://www.bs-asahi.co.jp/hikyou_akiyamagou/
お見逃しなく!

『サバイバル登山入門』が『山と溪谷』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
山と溪谷』2015年1月号(山と溪谷社、12/15発売)の「今月の一冊」のコーナーで紹介されました。



評者は、写真集『剱』などの著作のある志水哲也さんです。

『サバイバル登山入門』が雑誌『BRUTUS』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が、
『BRUTUS』792号(マガジンハウス、12/15発売)で紹介されました。
特集「読書入門。」の「全国の目利き書店員57人が選んだ2015年の課題図書」というコーナーのなかで、
東京・千駄木の往来堂書店の笈入さんが「課題図書」として挙げてくださっています。


ぜひ『サバイバル登山入門』を読んで、“本物の自由”を感じとっていただければ幸いです。

服部文祥さんが『モノ・マガジン』に登場
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス)の728号(12/16発売の号)で
インタビューされています。



 「鹿肉を食べるようになってから中長距離走が速くなった(笑)」

などなど、おもしろい発言がたくさん載っているので、
ぜひ、『モノ・マガジン』を手にとって読んでみてください。

服部文祥さんがBSテレビ「釣りビジョン」に出演
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
本日11日の21時〜、BSテレビ「釣りビジョン」(スカパーに加入していると見られる)の
五畳半の狼」という番組に登場します。
テーマは「釣り改革」とのこと。
ぜひ、ご覧ください。

服部文祥さんがテレビ番組「秘境・秋山郷 マタギの里の恵み」に出演します。その2
前回お知らせした服部文祥さん出演の
長野朝日放送の「秘境・秋山郷 マタギの里の恵み」(2日火18:54〜)の番組宣伝が、
明日29日(土)朝9:30〜の「ザ・駅前テレビ」という番組内で放送される予定です。
小社の『サバイバル登山入門』の視聴者プレゼントも行われる予定。
ぜひお見逃しなく。

服部文祥さんがテレビ番組「秘境・秋山郷 マタギの里の恵み」に出演します
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
12月2日(火)夜6:54〜、長野朝日放送の「秘境・秋山郷 マタギの里の恵み
という番組にナビゲーター役で出演します。
長野県在住の方、お見逃しなく!
(後日、BS朝日でも全国放送されるようです)


服部文祥さんが『AERA STYLE MAGAZINE』に登場
サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、
『AERA』(朝日新聞出版)の増刊『AERA STYLE MAGAZINE』vol.25(11月22日発売)の「新・家族の肖像」(写真・立木義浩)という連載に出演しています。




服部さんの違う一面をご覧ください。

プロフィール欄には、ちゃんと、
≪最新刊に『サバイバル登山入門』(デコ)。≫
と入っています。


服部文祥さんが11/29(土)シンポジウム「動物のいのち」に出演
小社の新刊『サバイバル登山入門』の著者、服部文祥さんが、11/29(土)10時〜17時に明治大学中野キャンパスで行われるシンポジウム「動物のいのち」に出演します。



入場無料、予約不要です。
生の服部さんを見られる数少ないチャンス! ぜひお出かけください。
司会は、明治大学教授の管啓次郎さんです。
他の出演者も、なかなか豪華ですね。

『サバイバル登山入門』が『ワンダーフォーゲル』に紹介されました
服部文祥著『サバイバル登山入門』が
『ワンダーフォーゲル』(山と溪谷社)2014年12月号の
「新刊紹介コーナー」で紹介されました。


(左上です)

≪イラストと写真をぜいたくにちりばめた豪華な≫と評されていますが、
そのとおりなんです。

↓ちょっと本の中身をご紹介。


ICI石井スポーツ登山本店にて『サバイバル登山入門』のサイン本販売
東京は神田神保町の登山用具店「ICI石井スポーツ登山本店」にて、
服部文祥著『サバイバル登山入門』のサイン本が販売されています。

3か所で大々的に販売されています!


となりの服部さんの本(『百年前の山を旅する』東京新聞刊)も、
私(大塚)が編集しました。あわせてお読みください。


となりの本(『北緯66.6°』本の雑誌社)の著者、森山伸也さんは、
以前、小社で働いていました。もしよろしければ、あわせてお読みください。


ここにも。

服部文祥さんサイン本!

本日発売!!

“サバイバル登山家”服部文祥さんのはじめてのハウツー本

『サバイバル登山入門』


ガオ〜!



DECO SHOPでは、数量限定で
著者のサイン本を販売しています。





インパクト抜群の表紙ですが、
カバーを外すと、おしゃれかわいいイラストです。





サバイバル登山とは?





全国の書店で販売されます。
取り寄せも可能ですので、
もし在庫がなかったら、店員さんに声をかけてみてください。

サイン本は、DECO SHOPのほかに下記の2店でお取り扱い中。
いずれも数量限定ですので、お早めに。

ICI石井スポーツ登山本店
書泉グランデ

『サバイバル登山入門』完成
服部文祥著『サバイバル登山入門』がとうとう完成しました。
全国の書店に並ぶのは、11月7日前後の予定です。

小社ウェブショップほか、
amazonでも購入できます。