デコのおすすめ本 「相撲のひみつ」(朝日出版社)

デコの*勝手におすすめ本紹介* VOL?

「相撲のひみつ」(朝日出版社/1500円 新田一郎著・曽根愛 イラスト)

朝日出版社さんから新刊「相撲のひみつ」が発売されました。
イラストを見てるだけでも楽しい!っと相撲初心者も恋してしまう、曽根愛さんのイラストとともに
相撲のひみつを知ることが出来ます。

「番付」の表に集約された大相撲のランキングのしかけ←ひみつ?
「観客に見せる」ための相撲の歴史←ひみつ?
さまざまな技のこと←ひみつ?
相撲の多様な姿←ひみつ?

ひみつがいっぱい。知ると誰かに「知ってる?」って教えたくなりそう……。

↑とか……!
キュンときた。

装丁は、東京ピストルさん
読みやすくて手ざわりもよくて、
ぜひぜひ書店でチェックしてみてください。

小さい頃に、こんなふうにやさしく面白く、読みすすめることができる
お相撲さんの本があったら、メディアだけではどうしても分からない相撲のよいとこ、好きなとこ、たくさん話せたなーと思いました。
だから小学生のお友達がいる方、ぜひプレゼントにも。
大人も子どもも楽しめる1冊です。

齋藤

デコ、建築する

皆さんコンニチハ、デコ男子部の深水です。
最近は男子部も増員を果たし、うれしい限りですナ。
若者が入ってきたので、遠慮なくオジサンになれるというものです。

さて先日は、Sボスと新企画の打ち合わせに行ってまいりました。

さあ、どこに行ったかわかります?
作る本のジャンルがハンパなく幅広いデコとしても、このジャンルはなかったんじゃないでしょうか。
本の表紙にある「フェリックス・キャンデラ」という名前でわかった方、かなりの通だと思います。
ま、ブログタイトルに書いてしまっているんですが……。
そう、建築です!
今回は建築エコノミスト・森山高至さんの事務所にお伺いしました。

ふとしたきっかけから連絡させていただき、厚かましくも事務所に押しかけた深水とSボス。建築のことはズブの素人の二人が繰り出すトホホな質問にも、笑顔&爆笑ユーモアで答えてくださった森山さん。
面白い本、つくりましょう!

ありがとうございました!

突撃!隣の昼ごはん!!大塚さん編

こんにちは。竹中島です。

突然ですが
今日から新コーナー「突撃!となりの昼ごはん」はじめます。
VOL.1は…

大塚さんです。

「大塚さん何たべてるの?」

「牛丼[:ハート:]」


今日の大塚さんのお昼ご飯
・自分で炊いたご飯
・吉野家の牛皿大盛り(380円)
・吉野家の紅しょうが



ちなみに、このご飯は、ただのご飯ではありません
このお弁当箱(「メスティン」というアウトドア用品)を使い、会社のささやかなコンロで炊いたすごいご飯です。

「会社でのご飯を炊くシステムは、10年前から続いてる。
このお弁当箱は2代目」デコ池田さん談

おもな、ご飯のお供は「納豆」。
オンリーです。
今日は、とっても豪華だったので。
驚きのあまりブログにUPしてみました。

「自休自足」「OF」3月発売です!

齋藤です。 
「自休自足」は絶賛校了中。「OF」はAD根本先生絶賛デザイン中。
ともに、3月発売です!

そんななか、今日は、フォトグラファー亀山ののこさんと、
フードコーディネーターたかはしよしこさん宅にうかがいました。

ミッフィーとブロッコリー 夢のコラボ。
ブロッコリーの姿かたちが斬新!

きのこ(オブジェのようにさりげなくテーブルの上に)

そして肝心のお料理は、食べることに夢中で撮影し忘れました。

食べながら、体内でメキメキとエネルギーに変化していることを体感し、
顔がぽっぽと熱くなり、

お豆の鮮度、赤いだいこんおろしの美しさ、
コクのあるにんじん、とろけてしまったカブ
発酵されて生き物パワー全開の玄米ごはん
……感動。感動。感動。目見開く感動。

みるみるみるみるたいらげました。
おいしかった???
ごちそうさまでした!

そして、デコ篠宮のデコ内スリッパが新しくなりました。祝。

オレンジが篠宮。わたしは赤を履かせていただいております。
動き回っても足が疲れないダイエットスリッパを愛用しております。


こちらは、年明けにフォトグラファーの田中由起子さんにいただいた植物。
少し大きくなりました。

こちらは、イラストレーター中村隆さんにもらったイラストお手紙。デコ ボコ デコ ボコ
「ボコられてもがんばるぞ」
と書いてあります。

がんばるぞー!

春待ち


一瞬『自休自足』のロケに見えますが、ちがうんです

ごんです。
おくりも書いていますが、
現在アウトドアファッションマガジン『OF』春号を制作中です。
本日、ようやくすべてのロケが終わりました。
ぬあーーーーー。長かった。そして寒かった。
すっかりやり遂げた感に浸っていますが
まだ1ページも入稿していないことは、内緒です。
やっばい。
早くしないとまた桜井さん(印刷所のおじさん)に冷たくされる。

『OF』はスナップで構成している雑誌なので
行く先々で、たくさんの人に出会います。
そのたびに、支えてもらっているなぁと思います。
出会う人を片っ端から飲みに誘いたい気持ちです。

春になったら、一杯いきませんか。Forみなさま。
3月24日の発売日が過ぎたらおでんわします(ハート)

Bar本できました

昨年秋から始まった東京書籍のBarガイドブックが
やっと発売!!

p

長かった……つらかった……
やっている間、何度も泣きたくなりました。
だって…取材120軒です、120軒。
詳しくなかったウイスキーやカクテルのこと、必死で勉強しました。

だからこそ出来上がったよろこびはひとしおです。
k

この機会がなければ、入る勇気のなかっただろう
大物バーテンダーさんのいるBarや老舗Barにたくさん行かせていただきました。
本当に素敵なBarと、素敵なバーテンダーさんばかり出てきます!

貴重な経験をさせてもらいました!
著者たまさぶろさん、東京書籍山本さん、
ありがとうございました!

  ***

あと、ちょーひそかに愛媛県内子町のおひなまつりのポスターも作ってました。

これも完成。
お

  ***

そして今は3月末発売のアウトドアファッション誌『OF』の撮影真っ最中です。
毎日、イケメン&かわいこちゃん祭でたのしいです。

以上 くりばやしの近況報告でしたー

「痛みと鎮痛の基礎知識」できました

こんばんは。ふにゃっと系代表のミヤザキです。

2009年の4月16日に、
「初めての社外打ち合わせ!」というタイトルで、
技術評論社さんに行ったくだりを記事にしました。
デコに入って初めて担当を持たせていただいた
痛みに関する書籍の仕事です。

あれから、はや10ヶ月。
9月校了、なんて書いたけど、まったくウソ。

なんと、正式な校了は1月でした。

ついに、ついに、
「痛みと鎮痛の基礎知識 上下巻」が完成しました。

著者は滋賀医科大学の小山なつ先生です。

私は、小山先生にお会いしたことがありません。
残念ながら、それでも本ができてしまう時代なんですね。

4月当初は、デコに入ったばかりで何をしたらいいのかわからず、
さらに専門的な内容に、戸惑いばかりを覚えました。

しかし、メールや電話、手紙のやりとりを続けるうちに、
先生の書籍に対する熱い思いを感じ、
すっかり先生のことが好きになっていました。
わたし単純なんです。
それだけで、がんばろうと、思えました。

会ったこともない人を好きになる。
好きな人のためにがんばろうと思う。

不謹慎ですが、電車男みたいに、
メル友が恋人になるってこんな感じでしょうか。。

今日、小山先生から
「BE-PAL3月号」見ました。
というメールをいただきました。
(「BE-PAL」(小学館)の温泉特集で熊野古道ルポをしました)

小山先生と初めてお会いできたのはなんと、
雑誌の誌面だったのです。
しかも、水着とかバスタオル。
お恥ずかしい。

でも、うまく言えませんが、なんだかとても嬉しかったです。
よかった?


振り返ると、カサイさんがO塚さんをぶとうとしていた。

冬の萬田食堂 

夏に開催されたカメラマン萬田さんのお料理をいただく「萬田食堂」。
待望の第二回目が開かれました?!!!
場所は萬田さんのご自宅です。


到着すると、テーブルがセッティングされていました。
かわいいお皿においしそうなお料理が!わくわく。


パンにお野菜にモッツアレラチーズ。
ブレブレでごめんなさい。


手前があたたかいパンプキンスープ、右が春菊のサラダ、奥は鳥のささみです。
どれもおいし?!!!


真ん中は、ひよこ豆のディップ。


左から本日のシェフ・カメラマンの萬田さん、
料理研究家の星谷菜々さん、
写真を撮るイラストレーターの鈴木さちこさん。


どんどんお料理が出てきます。


キッチンでは、奥さまの朋子さんと萬田さんがテキパキお料理。
息がぴったり合っていて素敵です。


デザートは、萬田さんお手製のチョコレートケーキ。
おなかいっぱいなのに、デザートはベツバラです。
おいし?!!


おいしすぎて、みんな笑顔!!


萬田さん、ごちそうさまでした。

外にはまんまるお月さま。
帰りは幸せいっぱいでした。
おいしいものをみんなで食べると、
もっともっとおいしくなるからふしぎです。

萬田さんの家の隣に住みたいです。

みず

グローブさんに行ってきました

みなさん、おひさしぶりです。相澤です。

今日はグローブさんに打ち合わせに行ってきました。
お出ししていただいたお茶がおいしくて、
たくさん飲んでしまいました。

デコからは4人で押しかけました。
それぞれ別件の打ち合わせなので順番待ちです。

笑いが絶えない楽しい打ち合わせでした。

右から土屋さん、黒須さん、明星さん。
いつもすてきな笑顔をありがとうございます!

またおじゃまします。

地味にご報告。

お疲れ様です。竹中島です。
おいしいので、ビックス(ちょっといいのど飴)をなめていました。
春菜さんにもあげようと思ったら
「ビックスは、風邪の時になめるのよ」といわれました。
でも、子どものとき風邪の子がビックスをなめているのがうらやましくて、
超健康児だった私には、憧れのアメだったんです。
だから、この前ちょっと懐かしく買ってみたんです。


私の中で定番は、やっぱりオレンジ味です。

ま、それはさておき、子どもといえば…
今日は、小学館 保育ネットの取材で、
http://youjitohoiku.com/masensei/taidan03.html
久しぶりにカリスマイケメン保育士まあせんせいとお会いしてきました。
タイトルは「熱血保育対談」。
食育の道40年という、食育界のエキスパート藤原勝子先生との対談で、
久しぶりに扇こころ保育園に行ってきました。


なんと、玄関にはウエルカムボードが!

取材前は、「食育」の「しょ」の字も知らない私でしたが
食べることが、この上なく趣味な私にはとっても興味深いお話がきけました。

食育とは、一言で言うと
「自分の食事をコントロールできるようになるための練習」です。
バランス、量、食べる時間などを意識してコントロールすることが、
大人になったときの健康に大きく関わるんだそうです。
なるほど。ちなみに、8歳くらいまでに身につけるものだそうです。
なるほど…。じゃ、私手遅れじゃん!

と、思ったけれど、大丈夫。
今日から出来る、食育法「食のものさし」を伝授しましょう。
20代?30代女性なら、一食600calくらいが理想摂取カロリーです。
ならば、600ccのお弁当箱を用意します。
なんと100cc=100calが目安だそうです。すごい(笑)

そこに、
●ごはん:3割
●主菜(肉、魚、豆):1割
●副菜(野菜):2割

をつめれば。バランスよい食事完成!
なんとまあ。栄養学なんて分からなくったって
バランスのいい食事はとれるんですね。
なんともはや。これは藤原先生の長い経験の中で
はじき出された、割合で不思議と
栄養学的にもあたってるんだそうです。
お皿に盛り付けるときも同じように考えるといいそうです。

対談は「へ?」「は?」の連続!


撮影は、保育専属カメラマンおしけんさん。保育園での撮影もおてのものです。


今日は、お誕生会の特別メニューでした。

ちなみに今日の対談のモット詳しい内容は、
3月上旬に「保育ネット」にUPされます。
名ライターであり、名司会者の内海夢子さんによる記事です。
お楽しみに!

左から、ライター内海夢子さん、小学館 宮川勉さん、
藤原勝子先生、カメラマン押尾健太郎さん

宮川さんは、『BE-PAL』の敏腕編集者として活躍し、
現在は保育専門誌『3・4・5歳児保育』の編集を担当されています。
保育ネットチームの新リーダーなのです!

現在、保育ネットには、
おもちゃ美術館館長 多田千尋さんとの対談が好評UPです!
おもちゃの正しい選び方がわかります。
自分のお子さんに、お友達のキッズへの
おもちゃ選びの参考にもなりますよ♪

以上。保育チーム 竹中島の報告でした。
多分、今日私が取材に行っていたことに
デコの人々は気づいていなかった。
さみしいので、ブログにて報告しました(笑)