僕らの昆虫採集12 「ぷっすま」の池田清彦先生

昨晩の「ぷっすま」、おもしろかったですねえ。
「どうせバラエティ番組だから……」と思っていましたが、
けっこうまじめに虫捕りやっていて驚きました。

池田先生が、千葉の「東京ドイツ村」で、草なぎさんユースケさんほかゲストに虫捕りを指南するという内容。

『ぼくらの昆虫採集』も番組冒頭で少しだけ露出しました。

池田先生ならではの虫捕りのコツも紹介されました。

草なぎさんは、けっこう虫が好きそうでした。

タガメを食べるエガちゃん。

テレビで見ると、ドイツ村は、
樹液の出ているクヌギの木がけっこうあり、
カブトムシやノコギリクワガタのほか、
スジクワガタも捕れていて、
ちょっと行ってみたくなりました。

大塚

今日の撮影 お花お花お花

今日は、今年小学館から発売のとあるモデルさんのエッセイ集の撮影。
文字を入れるページの背景の撮影で、たくさんのお花を撮影しました。
背景 とひとことで言っても、
とっても豪華。フラワーデザイナーの山上樹一さんが
1つ1つ、イメージに合わせて作ってくださいました。

撮影中も、よりイメージへと近づけるべく、
お花をデザイン。

撮影を待つお花たち。

カメラマンは緒方栄二さん。
写真に撮ると、色や形、お花の魅力がさらにきわだって、うっとりでした。

撮影終了後、山上さんと、アシスタントの方が
撮影で活躍したお花で花束を作って、プレゼントしてくださり、
感動。とってもいい香りです。

ありがとうございました!

齋藤

ぼくらの昆虫採集11 DECO SHOPでサイン本

自宅マンション(文京区千駄木)で
あまり見かけない虫を見つけました。
図鑑で見るとミヤマオビオオキノコムシ
ではないかと思うのですが、どうでしょうか。

さて。
一部の書店で販売しておりました
奥本大三郎先生と池田清彦先生のサイン本ですが、
いよいよ弊社サイトの通販コーナー「DECO SHOP」でも
購入できるようになりました。

奥本大三郎先生

池田清彦先生

26日(金)のブログで紹介した
奥山英治さんのサイン本も同時にアップされております。

味わい深い著者サイン本、ぜひお買い求めください。

大塚

札幌書店でも好評発売中*ジュンク堂札幌店*紀伊国屋書店*

お盆休みをいただいているあいだ、
帰省先の札幌で、書店さんに行ってきました。

まずはジュンク堂札幌店へ。

『健康半分』を発見。
ポップをつけてくださいました。
オレンジと黄色の表紙カバー、
札幌店のひろ?いひろ?いフロアの中でも
すぐに!!!見つけることが出来ました。

ちなみに、『健康半分』が、

『サンデー毎日』(毎日新聞)のサンデーらいぶらりぃで紹介されました!
南伸坊さん、ありがとうございました。

「あっという間に読みきれて、しかも味わい深い。
あっさり淡々とおかしい」
とのこと。

つづいて『ぼくらの昆虫採集』!!

『すごい虫131』もありました。

つづいて、紀伊国屋書店へ。

こちらでもポップをつけていただきました。

自然が豊かな北海道は、虫にまつわる本が充実していました。

『健康半分』『ぼくらの昆虫採集』、どちらも、
デコのホームページから送料無料でご購入いただけます!
どうぞよろしくお願いいたします。

齋藤

僕らの昆虫採集10 奥山英治さん

『ぼくらの昆虫採集』ですが、
今日は、「水生昆虫」と「デジカメ撮影」のところを
担当してくださった奥山英治さんをご紹介します。
(そのほか、「捕る」編の虫の写真の多くは奥山さん提供です)

奥山英治さんは、
虫に限らず、あらゆる生き物を愛し、
雑誌でイラストを描いたり、文章を描いたり、
テレビの自然番組のコーディネートをしたり、
各地の自然観察会の講師を務めたり、
日々、フィールドに出て、生き物を
触りつくしているステキな人です。

http://nihonyaseiseibutuken.blog123.fc2.com/
ブログも、毎回おもしろいです。
(この人はどうしていつも、こんなにアチコチ出かけているんだろう)

で、この奥山英治さんのサイン本
DECOのウェブショップで販売予定です。
サインの見本は下記のとおりです。
お楽しみに。





ぼくらの昆虫採集8 池田先生、『ぷっ』すまに出演

8月30日(火)の夜11時15分?
テレビ朝日系列の「『ぷっ』すま」に
池田清彦先生が登場します。

http://www.tv-asahi.co.jp/p-sma/

スマップの草?さんとユースケ・サンタマリアさんが
出ているあの番組ですね。

「夏の思い出作り隊!」というタイトルで、
昆虫採集が行われます。
池田先生は、その講師役として登場するわけです。

テレビの収録は、千葉県袖ヶ浦市の
「東京ドイツ村」で行われました。
どんな虫が捕れたか気になりますねえ。

池田先生の登場のときに、
『ぼくらの昆虫採集』もちょっとだけ
映る予定なので、お見逃しなく。

大塚

健康半分/教文館さんにご紹介いただきました

教文館さんのサイトで、

デコ発行『健康半分』(赤瀬川原平)が紹介されています!

教文館オススメ本←クリック!

――人は誰も、ひとたびこの世に生を享けたら、あとは古くなっていくいっぽうである。長い時間を経れば、何かしらあるのだ。みな「ワケあり」の中古品になる。

この本には、そんな中古品としての自分のからだを、できるだけ気持ちよく、気分よく使いこなすためのヒントのかずかずが、さらりと書かれている。
(教文館オススメ本「健康半分」より引用)

文字が大きく、1本1本のエッセイは短いので

普段あまり本を読まない方にも読みやすいと思います。

来月の敬老の日、

少し身体の弱くなった祖父母に『健康半分』をプレゼントしようと思っています。

くり

ぼくらの昆虫採集8 福岡伸一先生

思わず読みいってしまいました。
なかなかうまく作られていますね。
昆虫少年の心に深く響きます。

以前、『BE-PAL』誌でインタビューしたことのある
福岡伸一先生に、『ぼくらの昆虫採集』を献本したところ、
上記のような、感想をいただきました!

福岡先生といえば、よく知られているように元昆虫少年。
インタビューしたときも、子供のころ地元松戸で
よく虫捕りに興じていたと話してくれました。

今をときめく人気生物学者の根っこには「昆虫採集」があったのです!

ぜひ、お子様に『ぼくらの昆虫採集』を買ってあげましょう。

大塚

ぼくらの昆虫採集7 三省堂、東京堂

『ぼくらの昆虫採集』編集の大塚です。

奥本先生、池田先生のサイン本が書店にどんどん並んでおります。

三省堂書店本店(神保町)5Fです。
強烈な本が間にはさまっていますね。

こちらは東京堂本店(神保町)1Fエレベーター前
弊社の『健康半分』も隣にあります。