池田清彦先生の講演会

『ぼくらの昆虫採集』の監修者の1人である
池田清彦先生の講演会が10月15日(土)18時?行なわれます。


(「ぷっすま」出演時の池田先生。
最近はテレビ出演も多く、人気ですが、まだ席はあります。講演の予約はお早めに!)

演題は、
「虫は人間(ヒト)よりおもしろい
――放射能から見た人と虫の違いについて考える」

虫は世代の交代が早いのでさほど放射能の影響を受けないのではないか。
人は個人の一生が大切だけれど、虫は次に子孫を残すことが大切。

虫や植物は1か所悪くなっても簡単には死なない。
人間のような高等なシステムを持った生物ほど放射能に弱い。
プリミティブな生き物ほど強いだろう。

というような話がなされることが予測されますが、
当日は、もっと過激で目からウロコな話が展開されると思います。

池田清彦先生(生物学者。早稲田大学国際教養学部教授)
1947年、東京都生まれ。
構造主義生物学の観点から環境問題をはじめ多分野で著述を行なう。
著書に『昆虫のパンセ』(青土社)、
『構造主義科学論の冒険』(講談社学術文庫)など。
カミキリムシの熱心な採集家であり、
屋久島や沖縄諸島、台湾、東南アジアへ盛んに採集に出かけている。
最近は、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)などテレビにも出演し、
人気を博している。
好きな虫:ネキダリス(ホソコバネカミキリの仲間)。

●詳細

【日時】2011年10月15日(土)
    18:00?20:30(17:30開場)

     18:00?19:30 講演
     19:40?    質疑応答
     
※会場で、養老孟司先生、奥本大三郎先生、池田清彦先生監修の『ぼくらの昆虫採集』(2940円)をご購入いただけます。サインをご希望の方はお申し出ください。(すでにご購入済みの方はご持参ください)

【会場】ちよだプラットフォームスクウェア 504+505+506
    東京都千代田区神田錦町3‐21

【最寄駅】竹橋駅(東西線)3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分
     神保町駅(三田線・新宿線・半蔵門線)A9出口より徒歩7分

【参加費】2,000円(当日受付にて申し受けます)

【ご予約】下記内容を明記して、メールまたはFAXにてお申し込みください。
     ☆参加希望者氏名
     ☆ご住所
     ☆お電話番号
     ☆メールアドレス

     【宛先】 メール ask@64tai.com / FAX 03-6273-7837

【定員】90名

【主催】NPO法人むしむし探し隊

大塚

「かまくら春秋」に『ぼくらの昆虫採集』

「月刊かまくら春秋」10月号(No.498)の
「新刊紹介」のコーナーに、
『ぼくらの昆虫採集』が掲載されました。

「かまくら春秋」のような格調の高い雑誌に
掲載されるなんて、とてもうれしい!
『ぼくらの昆虫採集』の監修者の1人、
養老孟司先生の連載「養老先生の虫メガネ」も
載っています。
鎌倉・湘南地方にお出かけのさいは、
ぜひ、手に入れてみてください。

大塚

東京新聞に『ぼくらの昆虫採集』

2011年9月25日(日)の東京新聞朝刊の書評欄に
『ぼくらの昆虫採集』が掲載されました。

「顔パック」に言及してくださっていますが、
どういうことか少し説明すると、
フンチュウなど甲虫の表面に木工用ボンドを塗って、
ボンドが乾いたら、それをはがす。
すると、ボンドといっしょに汚れが落ちる、
というテクニックです。
本のなかでは、奥本大三郎先生が実践しています。

10月15日(土)は、
むしむし探し隊主催、池田清彦先生講演会
「虫は人間(ヒト)より面白い」です。
ぜひ、ご参加ください。

大塚

『ぼくらの昆虫採集』が毎日新聞で紹介されました

昨日21日の毎日新聞ブックウォッチングのページで、

デコ『ぼくらの昆虫採集』が紹介されました!!

 ***

『ぼくらの昆虫採集』監修者のおひとりである

池田清彦先生の講演会が10月15日(土)に開催されます。

詳細はこちら(クリックすると大きく表示します)

虫捕りに行ってきましたー

くりばやしです。

19日(月・祝)に、
むしむし探し隊主催で自然観察会をしてきました。


(photo by 中村さん)

今年の夏は3回実施しましたが、
参加者さんも増えて盛り上がりましたー!

ノコギリクワガタにも出会えました。

むしむし探し隊ブログに写真をいっぱい載せましたので、
こちらも見てみてください!

http://64tai.sblo.jp/

 **

先日竹中島がブログに書いた
『足もとのおしゃれとケア』(技術評論社)には、
デコスタッフの私物の靴たちもいっぱい登場します。
わたしも靴が大好きで、
お気に入りは丁寧にお手入れして大切に大切に履いています。

撮影には参加しましたが、
まだ読めていないのでとっても楽しみ??♪

ちなみに、ずっと狙っていた靴を最近GETしました♡♡♡

はぁーーかわいいこ♡
買ってから雨が続いたので、今日おろしました♡
大切にするからねーーーーー♡

あと、ランジェリー事業部としては
もちろん『たのしい下着』も気になっています。

たのしそうな本がいっぱいでいいなー編集部!!

「DIGITAL DIME」に『ぼくらの昆虫採集』

ニッポンを代表するトレンド情報誌といえば、
小学館の『DIME』ですが、
そのウェブ版「DIGITAL DIME」
『ぼくらの昆虫採集』が掲載されています。

昆虫採集とトレンドは関係ないように見えますが、
虫をスキャナーでスキャンしたり、
iPhoneアプリの図鑑を見たりと、
昆虫採集にも、世のデジタル化およびトレンドと、
無縁ではないのですねえ。

大塚

「月刊むし」に『ぼくらの昆虫採集』

「月刊むし」という雑誌があります。その名も
むし社
という会社から発行されています。
昆虫界の「文藝春秋」や「中央公論」とも言うべき?雑誌です。

その雑誌に『ぼくらの昆虫採集』が掲載されました。

「初心者にお勧めしたい1冊であると同時に、
虫屋が見ても楽しめる本である」
という評をいただきました。
「月刊むし」にこう書いていただけるなんて、
うれしいですねえ。

今号も、「月刊むし」は、
津波被害地の昆虫がどうなっているかリポートした
「津波の跡を歩く」など興味深い記事が満載。
虫が好きな人は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。


『ぼくらの昆虫採集』の監修者の1人
池田清彦先生の講演会が、10月15日に行われます。
ぜひご参加ください。

大塚

ランナーの方に手にとってほしい

こんばんは。
みやざきです。

大塚さんが手にしているのは、

技術評論社さんより29日に発売される「ランナーズ手帳2012」です。

その編集をデコで担当させていただきました。

基本的にはマンスリーとウィークリーが付いた手帳なのですが、
ウィークリーページには、
毎日の走行距離や時間、ペース、体重などを記入する欄があります。

さらには、ランナーのための用語解説、

さらにさらに、その週に開催予定のマラソン大会

さらに、まだあります!トレーニングガイドも収録。

巻末には監修の牧野仁さんが選んだ
「全国のおすすめマラソン大会100」を収録しました。
日程、エントリー期間、アクセス、制限時間などなど情報満載です。

ランナーの方、走ろうとしている方はぜひ!!

それにしても、マラソン大会の情報を整理していたら、結構おもしろくて!

大分県の仏の里くにさきとみくじマラソン大会は
参加賞で宝くじがもらえたり、なぜかプロレス観戦ができるんですって。

ほかにも、
コシヒカリ食べ放題の南魚沼グルメマラソン、
メロン食べ放題の袋井クラウンメロンマラソン、
空港の滑走路を走る萩・石見空港マラソン、などなど、
走る以外にも楽しみが用意されているんだなぁと感心しました。

すっかり感化された私は、
東京マラソンにエントリーしてみました。

ジョギングを始めようとしたことは何度かありましたが、
いつも続かず、最長でも10kmくらいしか走ったことがありません。

倍率は8倍くらいらしいので、
もしも万が一、当たったら、
ランナーズ手帳を使って練習しようと思っています。