ダチョウ

今朝は突然、グローブの土屋さんが
デコにやってきて、
謎の紙袋を置いて、風のように去っていきました。

中身は……

ケーキ!

「DACHODO」のケーキです。
(ロゴ?は土屋さん作)

先日デコ総出で土屋さん篠宮さんのおうちに遊びに行って
そのときに春菜さんのお父さんからいただいたダチョウの卵を
わってカステラをつくろうとして失敗したものを
篠宮さんがおいしいお菓子に作り直してくれて、
そしてなんと土屋さんが持ってきてくださったというわけです。
…恐縮です!

そのときの様子がこちら

割り方をしらず、自己流でわってみました。
少し間違いだったようです。

大量にできた生地は(さすがダチョウの卵)
土屋さん宅に残り…

みんなの朝のデザートになりました。

とてもおいしかったです。
ありがとうございました!

型抜きパンにも感動。

いただきます!
朝から感動できるなんて贅沢です。

贅沢な朝をありがとうございました!!!

藤原

追伸
今日の夕方のおやつです。
こんなにお菓子を食べてよいのか。
桜塩ケーキです。

『この海に』制作裏話4(最終回)

『この海に』好評発売中です。

3月1日からの続きです。

しばらく、「Riders to the sea」のことは、
忘れていたのですが、
3・11の地震のあとに、本の企画を考えていたところ、
ふと思い出しました。
「そういえば、アイルランドにも
厳しい自然と向き合って、生きている人たちがいたぞ」と。
極東の島国と、ヨーロッパの西のはずれの島が、
重なって見えたのでした。

それで、あとは、
詩人の高橋順子さんに、原作を詩情あふれる文章で小説化していただき、
(高橋順子さんは、千葉県飯岡のご実家が津波の被害にあい、
 そのことも「あとがき」で書いていただいた)
気づいたら、本が完成しておりました。

写真は、『この海に』に収録した、
「Riders to the sea」原文の底本にした、
1910年にダブリンで刊行された
『The works of John M. Synge volume one』。

大塚

編集者(経験者)募集

編集者を募集いたします。

【リクルート(求人募集)】
●急募 編集者(経験者)を若干名募集します。弊社は、出版社として書籍を発行し、編集プロダクションとして書籍や雑誌等(PR誌、企業出版物)の編集・制作を行なっています。採用の場合は、書籍と雑誌等両方の編集の仕事をしていただきます。
[応募期間]2012年4月10日まで。
まずは履歴書と職務経歴書をお送りください。

担当:大塚 deco01@abox8.so-net.ne.jp

野菜をたべましょう

お疲れ様です。
地震ちょっとこわかったですね…。

地震とは関係ないですが、20代後半になって
野菜のおいしさが身にしみるようになりました。
野菜の味がこんなに奥深いなんて
と、料理してみる度に少し感動します。

そして発売されました!
『農家に教わる 野菜ごはん』

三省堂書店で平積みされていました。

この本は『自休自足』(第一プログレス)の
「ひよっこ農家のおうちごはん」という大好評連載を
追加取材をしつつ、書籍にまとめたものです。
発行元は『犬語の教科書』でもお世話になった池田書店さん。

ご登場いただいた6組の農家さんたちには
大変お世話になりました。
「ひよっこ農家」とは就農10年未満の農家さんのこと。

「ひよっこ」と書いてはいますが野菜のプロ。
私自身本当に勉強させてもらいました。

自分が作ってみたいレシピは
ごぼうのポタージュと
水菜のじゃこごはん。

どうぞお近くの書店で?

藤原

奥本大三郎先生 講演会のお知らせ

デコが事務局を務める
NPO法人むしむし探し隊が、
奥本大三郎先生の講演会を開催します!

講演のテーマは
虫捕る子だけが大きく育つ!
標本づくりから見えてくる生命の大切さ

奥本大三郎流の昆虫標本づくりの工程を写真で示しながら、標本づくりの「コツ」と「効能」を解説します。
標本づくりでは、虫を何度も触って虫の細部を観察することになります。それによって、自然の美しさと神秘に気づき、生命に対する畏敬の念が育まれます。手先の器用さのほか、美意識や美的センスも養われます。その虫についての文献を調べることによって、文章を読み、考える力もつきます。虫を捕るときには、創意工夫やカン、俊敏な体の動きが養われることはいうまでもありません。
激動の21 世紀を生き残る子供を育てるために、昆虫採集をやらせてみてはいかがでしょうか。

【日時】2012 年4 月14 日(土)
    14:00?16:30 (開場13:30)
【場所】ちよだプラットフォームスクウェア504+505+506 号室
【参加費】2000 円(当日、受付にて申し受けます)
【ご予約】下記内容を明記して、
     メールまたはFAX にてお申し込みください。
 ☆参加希望者氏名☆ご住所☆お電話番号☆メールアドレス
 <宛先>メールask@64tai.com / FAX 03-6273-7837
【主催】NPO 法人むしむし探し隊 
【お問い合わせ】NPO 法人むしむし探し隊事務局
       (株式会社デコ内)TEL 03-6273-7782

 * * *

連日なべさんとゲラチェック中なのは、
デコの新刊です( ´ ▽ ` )ノ

個人的にとーーーーっても楽しみにしている本です。
わっくわく。
はやく皆さまにお見せしたい……

くり

『この海に』 文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」

今朝(12日月曜)7時から、
ラジオ文化放送の「吉田照美 ソコダイジナトコ」
で、『この海に』が紹介されました。
(玉木正之さんのコーナーです)

ラジオを聴いていたけれど、本のタイトルを
聞き漏らしてしまった、という方、
タイトルは、『この海に』です。

amazonは在庫切れになっているので、
こちらからお買い求めください。

大塚

『この海に』 玉木正之さんHP

好評発売中の『この海に』ですが、
作家の玉木正之さんが
HP「カメラータ・ディ・タマキ」で、
ご紹介してくださっています。
(「ナンヤラカンヤラ」の3月8日)

玉木さんといえば、
私にとっては『Jリーグからの風』(集英社文庫、1993年)。
あの本を読んでスポーツの見方が
(スポーツをする意識も)変わりました。

そういえば、Jリーグは今日で20年目のシーズンが開幕。
時がたつのははやいなあ。

大塚

熊野古道へ

こんにちは。
昨日はあたたかかったけれど、今日は少し寒いですね。

先々週、ALSOKの会報誌『Always』の取材で、和歌山県にある熊野古道へ行ってきました。
行きの飛行機から見えた富士山。
近くから眺めることができてうれしい!とても美しかったです。

熊野那智大社にある大門坂は熊野古道の一部。
両側に杉の大木が並んでいます。
ここを登るのは、結構な運動です。
息切れしながら登りつつ、撮影。

熊野那智大社のご神体、那智の大滝を撮影するカメラマン押尾健太郎さん。
今回も雨の中、長距離運転と撮影、本当にありがとうございました!

こちらは、熊野速玉神社の境内に立つ、ナギの大木。
樹齢はなんと1000年!!!

同じく、熊野速玉神社にある、ヤタガラス神社。
ヤタガラスとは、日本サッカー協会のシンボルにもなっている神の使いです。
熊野三山のあちこちでヤタガラスのモチーフを見かけました。

くじらの町、太地町では、「くじらの博物館」を取材させていただきました。このトンネル水槽にいるのは・・・

世界で初めて見つかった、腹ビレのあるイルカです。

空港に戻る直前にみた、円月島と夕日。
キレイな海とだんだん沈む太陽をたくさんの人が見つめていました。

『Always』は4月発行予定です。
出来上がったらお伝えしますね。

春はもうすぐですね。
うちでは、去年の11月くらいから水耕栽培で育てているムスカリの花が咲きそうです。

こちらは、『NHK趣味の園芸ビギナーズ 冬号』で
グリーンコーディネーターの浅岡みどりさんに教えていただいた、
「ふわふわ毛糸の球根ボール」。
今週月曜日からだんだんと花が開いてきました。
ヒヤシンスの花は、あまーい香りがします。
白いお花もかわいい!

早くあたたかくなってほしいです。
お花見したいな。

みずがしら