『この海に』 モーリアからの手紙

『この海』の読者からうれしい手紙をいただきました。
なんと、主人公のモーリアを舞台で演じたことがあるという内容。
富山市在住の萩原久美子さんからです。
(3月18日の「朝日新聞」の書評で本の存在を知ったとのこと)
萩原さんの許可のもと、内容を少し紹介します。
(萩原さんありがとうございます)

萩原さんがモーリアを演じたのは、1969年のこと。
萩原さんは、京都の劇団「くるみ座」の
毛利菊枝演劇研究所に所属しており、その卒業公演として、
『この海に』の原作「海に騎りゆく人々」を上演したそうです。

くるみ座は京都拠点の劇団で、1944年に毛利菊枝によって設立されました。
北村英三、中畑道子といった方が在籍し、
シェークスピア、ギリシャ悲劇、ベケットなどを
上演していたそうです。

「海に騎りゆく人々」の演出は、北村英三。
稽古は厳しかったようで、その様子を萩原さんの手紙から引用してみます。

《モーリアは、本当にしごかれました。
後半の独白「もう皆いってしまったよ」のセリフは
何度も夢に出て来るくらいでした。》

萩原さんは、1944年生まれ。
(1969年は、20代ですからずいぶん若いモーリアですね)
今も演劇が好きで、毎年ロシアにチェーホフ劇を見に行くほか、
何十本も芝居に出かけるのだとか。

冒頭のイラストは、萩原さんが描いてくれた上演時の舞台のようす。
上演してみよう、と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

大塚

むしむし探し隊情報

デコはNPO法人むしむし探し隊の事務局業務をおこなっています。

むしむし探し隊とは、
養老孟司先生(解剖学)、奥本大三郎先生(フランス文学)、池田清彦先生(生物学)を監修にむかえて、昆虫の生態や生息分布、内外の標本や書誌文献等に関するデータベースを作ることと、昆虫を通じてより多くの人々と地球環境について考えることを活動の主眼とした団体です。

このたび、
NPOむしむし探し隊主催の自然観察会を開催することとなりました。

以前開催した自然観察会の様子。


テレビや雑誌で活躍中の奥山英治さんの解説を聞きながら、秋の鳴く虫を観察します。
今回の開催場所は、横浜 自然観察の森。
さまざまな環境が保存された緑の多い公園です。

ご興味のある方、ぜひ参加してみてください。

日時…2012年9月23日(日)
 ※雨天の場合は30日(日)に順延
会場…横浜 自然観察の森(神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1) 
時間…9:00?15:30頃(うち昼食休憩1時間ほど。午後は自由参加)
定員…30名程度
集合…9:00 横浜 自然観察の森(詳細は後日お知らせします)
 ※駐車場はありません。公共の交通機関を利用してお越しください。
対象者…虫に興味のある方(年齢不問)
参加費用…大人1060円/小学生まで760円(保険料込み)

服装…動きやすい服装、スニーカー、帽子(熱中症に注意!)
持ち物…メモ帳、筆記用具、飲み物、虫除けスプレー、虫刺されの薬、昼食、(必要な方、持っている方はカメラや捕虫網など)

講師…奥山英治/おくやま・えいじ   日本野生生物研究所代表。
   「触らないと何もわからない!」をモットーに、
   自然観察や生き物の面白さを伝える。
   ネイチャーイベントの講師、雑誌での連載、
   テレビ番組の監修など多方面で活躍。

主催…NPO法人むしむし探し隊 

※公園内で捕獲した昆虫の持ち出しは、禁止されています。観察のみで、虫を持ち帰ることはできません。

お申し込み方法…メールまたはFAXで、下記の連絡先まで、
参加希望者氏名(漢字/カタカナ)、性別、生年月日、住所、
代表者のメールアドレスと携帯電話番号を明記してお申し込みください。

メールドレス  ask@64tai.com 
FAX番号  03-3234-8582
宛先  むしむし探し隊事務局

 **

神保町・書泉グランデさんでは
NPO法人むしむし探し隊・デコともにい協力している
昆虫フェアが開催中。26日までの予定です!

詳細はコチラ

『自由訳 方丈記』が「てんとう虫」に

UCカードの会員誌「てんとう虫」2012年9月号の
「この人に聞きたい」のコーナーで、
新井満さんと『自由訳 方丈記』がとりあげられました。

※新井満さん講演情報
8月28日(火)安芸市夏季大学講座(高知県)
9月9日(日)月山にしかわ大学(山形県)

新井さんの講演はほんとうにエンタメでおもしろいので、
お近くの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
『自由訳 方丈記』も少し販売されるようです。

大塚

日本ZIN! 紙フェス IN HIMEJI 2012

8/31?9/9
姫路の納屋工房コミュニティスペースNAYAにて、

日本ZIN! 紙フェス IN HIMEJI 2012

が開催されます。

日本中から集めたリトルプレスやフリーペーパーが
展示され、自由に閲覧できるそうです。
ワークショップや、期間中の限定カフェ、パーティなども開催予定。


(クリックで拡大)


(クリックで拡大)

デコの『うちこハローノート』も展示・販売されます!

『うちこハローノート』は、
愛媛県の内子町のガイドサポートブック。
24人の内子町民が登場します。

この本を持って行くと彼らにスタンプを押してもらえます。
地元の人と自然に交流できる、これまでにない旅行案内です。

紙フェス 詳細はコチラ

関西にお住まいの方や、
期間中にお近くに行く予定のある方は
ぜひ足を運んでみてください。

 **

わたしの、デコに入って初めての地方取材は、
『うちこハローノート』の付録的に作った『ねきあるき』というガイドマップの取材でした。


(画像をクリックすると拡大します)
当時のブログはコチラ

なつかしい……

内子、とっても素敵な町です。
『うちこハローノート』を片手に、ぜひ遊びに行ってほしい。

くり

京都 KON’S CYCLE北大路店

『完全女子版! 自転車メンテナンスブック』の販売店が増えました!

京都のKON’S CYCLE(コンズサイクル)北大路店さん!

ホームページで取り扱い商品が紹介されていますが、
スポーツバイクはもちろん、
シティサイクルや電動自転車までかなり幅広い品揃え。

スポーツバイク未経験の方(わたしも3年前はそうでした)には、
こういうお店がありがたいですよね?。

スポーツバイクを扱っているお店って、
スポーツバイクしか置いていないことも多く、
知識がまーーーったくないと、かなり入りづらいんですよね…。

コンズサイクルさんのようなお店は、
これまでママチャリにしか乗ったことのなかった方が
スポーツバイクに出会うきっかけになると思います。

京都にお住まいのみなさん、
ぜひ行ってみてください。

『完全女子版! 自転車メンテナンスブック』販売店
KON’S CYCLE(コンズサイクル)北大路店
WEB http://www.konscycle.com/
※京都市内で8店舗展開しています!

くり

Chez moi

神保町にある
女性による、女性のための書店
Chez moi(シェ モア)さんで、

“アクティブガール”フェアを開催中。

自転車や登山など、アウトドアで
アクティブに活動する女性のための本が紹介されています。

デコの『完全女子版!自転車メンテナンスブック』もありました!!

ありがたいっ!!

自分で愛車のメンテ・カスタムができれば、
もっともっとアクティブに遠出をしたり、
いろんな場所に行きたくなっちゃうと思います。

Chez moiさんには
本だけでなく雑貨やアクセサリーなども豊富で、
欲張りな女性にぴったりなお店。

“アクティブガール”フェアは8月いっぱい開催中だそう。
ぜひ行ってみてください?。

ちなみにご近所の書泉グランデさんでは
昆虫フェアを開催中。

神保町は、書店のハシゴがたのしい町です。

くり

幡ヶ谷 Blue lug

『完全女子版! 自転車メンテナンスブック』の販売店のお知らせ!

京王線・幡ヶ谷駅近くのBlue lug(ブルーラグ)さん!

自転車乗りにはかなり有名であろうこのお店。
自転車本体も、パーツも、アパレルやグッズも、
はたまた自転車には全然関係ないんじゃないかと思われるアレコレも
とにかく品揃えがすごい。


http://bluelug.com

ウェブショップもかなりの充実ですが、
たぶんウェブにUPしきれない逸品が
実店舗にはたくさんあるんだと思います。

じつはこのお店、以前編集していたファッション誌『OF』でも
たくさん取材させてもらいました。


やいのやいの言いながらの撮影、
たのしかったなあ。

スタッフは(たぶん)みんな男性ですが、
気さくなイケメンばかりなので(わたしの偏見)
女子もぜひ行ってみてほしいです!

『完全女子版! 自転車メンテナンスブック』販売店
Blue lug(ブルーラグ)
WEB http://bluelug.com

 ***

おまけ

夏休み第二弾で、上高地へ行ってきました!
気持ちよかった????!
こんなにちゃんと夏休みとれたの、デコに入って初めて……!

くり