東京のおみやげ

「東京100ガイド」「横浜100ガイド」が日々どどどっと公開されています。

無料アプリなので、ぜひダウンロードしてみてください。

東京100ガイドの「東京みやげ」で紹介しているはせがわ酒店さん。
麻布十番にあるお店です。

写真は東京の地酒、「江戸開城」(750ml 1,699円、370ml 850円)。

写真:植誠一郎さん

定番の東京ば○奈などもおいしくていいですが、たまにはこういうおみやげもいいなと思います。

桑沢

制作中!

インフルエンザがモーレツには流行しているようですね!

みなさまもお気をつけてくださいませ!

わたしは、ただの風邪をひきました…。

さて、昨日デコに出社すると、
絶賛撮影中。

撮影品をいろいろ見させてもらうと、
なつかしい絵柄がありました。


今年発売予定のデコの新刊の撮影のようです。

どれもこれも味わい深い撮影物ばかり!
完成がたのしみです。

わたしも、春頃発売予定の本が
進んでいます。

こちらは、とある打ち合わせ様子。

いろいろなうれしいご縁で、
本作りをご一緒させていただくことになった
出版社さんと作っております。

発売が近づいたら、改めてご紹介させていただきます?!

さいとう

『百年前の山を旅する』文庫化

2010年に編集を担当した
服部文祥著『百年前の山を旅する』(東京新聞刊)が
2013年12月に、
新潮社の新潮文庫で文庫化されました。

自分の編集した本が文庫になるのは初めてで、うれしい。

角幡唯介さんの解説もついてお得です。
ぜひ、読んでみてください。

大塚

デコ新年会

先日、デコ新年会を開催しました。
たくさんの方にお越し頂き、
「今年も皆さまとともにがんばりたい!」
と改めて思ったのでした。


集合写真! 撮影:砺波周平さん
(デコメンバーは12人です?)


書初めもしました!


百人一首もしました。
木の札です。ぜんぜん読めません……

改めまして、今年もよろしくお願いいたします[:ニコニコ:]

さて、寒い日がつづきますが、
空気が澄んで、月がとってもキレイに見えますね。
冬も「月」の名前がたくさんあります。

一月のことを「太郎月」ともいうのをご存知でしょうか。
長男を太郎と命名するように、
一年の最初の月なので、名づけられたそうです。

また、「早緑月」や「初春月」などの、
「春」の訪れを予感させる名前もあります。

空に浮かぶ月だと、
「寒月」「青月」「月の氷」など、
寒さがひしひしと伝わってくるものがあります[:月:]

ん??!月の名前はほんとうに、奥深い!

四季を通して、ほんとうにたくさんの名前があります!


デコ刊行『月の名前』は、美しい写真とともに、
月の名前を楽しめます!
ぜひぜひお手にとってみてください☆

さいとう

『虫と遊ぶ12か月』の1月

たいへん寒い日が続いておりますが、
こんな寒いときでも、虫はどこかで生きています。

たとえば、オオムラサキは、
エノキの葉の裏で冬を過ごしています。

奥山英治『虫と遊ぶ12か月』によると、
エノキは川沿いに多く、樹形はケヤキに似ている。

ぜひ、エノキの木を探して、葉をめくってみてください。

大塚

吉本ばななさんの言葉

さいとうです。

新年早々の三連休は、
年末には、捨てれなかった服や本などを、
新たな気持ちでスーパー断捨離しました!
スッキリ!!

今朝、土日月火分の新聞を読んでいたら、
吉本ばななさんのインタビューを発見。

そのなかに、心にとめたい言葉がありました。

赤線をひいてしまった……照。

どんな本も、
読者にしっかりと届けたい!!という気持ちを忘れずに、
作っていきたいと思いました???[:YES!:]

先週の金曜日は、
現在開催中の、写真家・阪本勇さんの展示
『ジャポニカイサム帳』に行ってきました。

阪本さんが、一文字一文字を、
ノートのマス目いっぱいに書いてつづる、
人生でこころに強くのこっている体験談と、
そのシーンを思わす写真の展示。

阪本さんの写真の展示、
はじめて観に行くことができましたが、
一枚一枚、どしんと、ど正面から撮っていて
改めていいなぁと感じて帰ってきました。


オープニングイベントのあと、参加者全員を記念撮影する阪本さん。

1月31日まで開催されているので、
ぜひ行ってみてください☆

今週末は、デコの新年会!
だれか、あんず大福を持ってきてくれないかなぁ[:ポッ:][:ポッ:]

読売新聞

昨年大晦日の読売新聞に、

広告を出しました。

対訳 技術の正体

虫と遊ぶ12か月

昭和の東京1新宿区/2台東区/3千代田区

(大阪本社版は2014年1月4日掲載)

『対訳 技術の正体』は、
自分で読まれた後、“プレゼント用に”といくつも購入される方が
多くいらっしゃいます。

DECO SHOPでは貴重な著者・木田元先生サイン本も限定販売中です。

新年あけましておめでとうございます

新年あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

お正月休みも終わり、
デコは、昨日1月6日が仕事はじめでした。

今年も、新刊を続々と刊行予定です!
こちらのブログでも、随時お知らせさせていただきますので、
チェックしていただけたらうれしいです。

さて、わたしは地元鳥取にてお正月を過ごしました。

年末の大雪で、飛行機が着陸しないかと思われましたが、
なんとか帰省。。


初詣は、白兎神社に行ってきました。
因幡の白兎 のお話しで有名な(全国的に知られているのかな……)
白兎が、神社のいたるところにいました。
神社の目の前には、日本海が広がっています。
おみくじは、「末吉」でした……。


父が時々、世話をしているダチョウさんにも会いに行きました。


首をぐううっとうしろにそらしたり、ぐねぐね曲がったり、
見ていて飽きない面白い動きをします。
とってもかわいいです[:ハート:]


帰りに、「自由に収穫していいですよ」と農家の方に
許可をいただいている畑で、
ブロッコリーと、大根、ネギを収穫しました。

東京でも、そんな畑が近くにあったらいいな……[:女:]


小さい頃に、しょっちゅう遊んでいた、
家の裏山にも久しぶりに登りました。

小さい頃は、ぐるっと半周、いかに早く登っておりてこれるか、
近所の友達と競争していました。
今回は、いつもとちょっと違うコースへ。


なんと、キリシタン幽閉の地 だったことが判明。


いつも、のぞきこんでいた、
木の根が見える大きな穴もありました。

ものすごくなつかしかったです[:拍手:]

鳥取の本屋さん「定有堂」や、
上京後に出来たという、素敵な洋服屋さんや、
雑貨店も発見できたり、
鳥取の魅力を再発見できた帰省でした。

しっかりチャージしてきたので、
本年も、本作りがんばりま?す!

さいとう