苔がキラキラ 樹海取材!

昨日、山梨県の樹海へ取材・撮影で行ってきました。

樹海ときくと、道がわからなくなるのでは・・・と
ちょっと不安になってしまったわたしですが、
実際に行ってみると、
苔が青々と美しく、雨上がりでキラキラとしていて、
日差しは心地よく差し込むし、
とっても居心地のいい場所でした。

景色を楽しみながら歩いていると・・・

カメラマンのMさんが、なにかを発見!!


パンケーキ!?!?!

かと思いきや、キノコです!!!!

楽しい樹海散策、そして、洞窟取材の模様は、
7月公開の「ぐるたび」で!!

さいとう

『増補 健康半分』を漫画家・吉田戦車さんが読んでくださったようです!

Twitterで、漫画家の吉田戦車さんが
『増補 健康半分』(赤瀬川原平)についてつぶやいているのを発見しました!!!

『MORGEN』に広告を出しました

『MORGEN』(モルゲン)は、
生徒会担当教諭、司書教諭を通して、小中高校の生徒に配布する新聞。

このたび6/8発行の6月号に広告を出稿しました。

『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』『ぼくらの昆虫採集』

生徒さんにも先生方にも読んでほしい2冊です

東京ミッドタウン 虎屋ギャラリー企画展「雨を感じる」

6月2日から、東京ミッドタウンの中にある和菓子店「虎屋」のギャラリーで、
企画展「雨を感じる」がはじまりました。

デコ刊行『あさって歯医者さんに行こう』の著者 詩人の高橋順子さんが、
企画協力をされています。

先日、高橋順子さんと、さっそく観に行ってきました!


こちらが虎屋さんです。すきっと白い暖簾が気持ちがいいです!


(写真が横になってしまい直せません・・・)
会場の中に、まるで雨が降っているかのような展示法です。


傘がふわふわ浮かんでいます。
雨が降っているのが見えますか?(本物の雨ではありません、念のため、、さて、何でできているでしょう??)


雨の中の高橋順子さん。

会場には、日本に残る雨の名前がいくつか展示されていて、
言葉の美しさ、おもしろさをじっくり感じることができます。


『あさって歯医者さんに行こう』も販売していただいています!!!

ブルーがとっても映えて、「雨」にぴったり!!

展示を観たら、ギャラリーに隣接する虎屋のカフェで、
企画展に合わせて作られた和菓子や、季節の和菓子をいただきながら
ほっとひと息。

雨が降ると、ちょっと憂鬱な方もいるかもしれません。
でも、この展示に行くと、
雨がとっても好きになると思います!

ぜひお出かけください!

■企画展「雨を感じる」
会期:2016年6月2日(木)〜10月3日(月)
※無休(東京ミッドタウン休業日に準じる。)
時間:11:00〜21:00
場所 : とらや東京ミッドタウン店内 ギャラリー
住所:東京都港区赤坂9-7-4 D-B117 東京ミッドタウン ガレリア地下1階
TEL:03-5413-3541

太陽銀行→太陽神戸銀行! 昭和の東京パネル展

リブロ浅草店で開催中
『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京2台東区』パネル展の
様子を見に行ってきました!

稲葉店長にお話を伺うと……
なんと、パネル展の中でおもしろい発見をされていました。

写真で稲葉店長が指差すのは、「浅草1-24から千束方面」(昭和48年2月)。

そしてこの写真は「国際通りを西北方」(昭和61年5月3日)。

どちらにも同じビル(銀行)が写っているのですが、、、

昭和48年に「太陽銀行」だったのが、
昭和61年には「太陽神戸銀行」に変わっているのです。

『昭和の東京』シリーズの写真の中には、
このような版元の私たちも気づいていないことがたくさんありそうです!

じーーーーっくり眺めて、本を持って街に出て、
いろんな発見をしてください。

そして期間中、リブロ浅草店には『昭和の東京2台東区』以外にも、
浅草、昭和、東京をキーワードにした本がずらり!

(写真以外にもたくさんあります)

パネル展は自由にご覧いただけます。

浅草散歩のついでに、ぜひお立ち寄りください。

『昭和の東京2台東区』は弊社ウェブショップでも販売中です。

杏さんが紹介☆『あさって歯医者さんに行こう』高橋順子 詩集

先日のJ-WAVE『BOOK BAR』で、女優の杏さんが

高橋順子さんの詩集『あさって歯医者さんに行こう』を紹介してくれました!

杏さんはこの詩集を読んで“時間の流れ”を感じたそうです。
表題作がないため、“なんでこのタイトルになったのか?”ということも気になったみたい。

みなさんも、ぜひ高橋順子さんの詩を読んで
いろんなことを感じてください。

☆DECO SHOPでは著者高橋順子さんのサイン本も販売しています☆