朝日新聞「文化の扉」欄に服部文祥さん登場

11月19日(日)の朝日新聞朝刊「文化の扉」欄は「お肉 分厚い魅力」と題して、肉食が特集されていましたが、そこに服部文祥さんのコメントが掲載されています。

服部さんの鹿肉料理のノウハウについては、小社刊『サバイバル登山入門』『アーバンサバイバル入門』にて、写真入りで詳細に解説しております。ぜひご覧ください。

 

 

デコ新刊 内田樹著『ローカリズム宣言』12月7日発売です!

『ローカリズム宣言~「成長」から「定常」へ』 四六判、280ページ、1600円+税

新刊のお知らせです。

雑誌『TURNS』連載の『若者よ! 地方をめざせ』に大幅加筆修正された、『ローカリズム宣言』がいよいよ12月7日に発売されます!

「街場シリーズ」でおなじみの内田樹先生が「ローカル」「定常経済」「小商い」をキーワードに、資本主義経済が崩壊しつつある今、これから日本でどう生きていくべきかを熱く語っています。

「なんだか生きづらい世の中だな…」「このまま東京で働き続けていいのだろうか…」などと、いまの暮らしに違和感を覚えている方や、「世の中、おかしなことばっかりだ!」と憤っている方に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。読後、きっと溜飲がさがって元気が出てくるはず。

現在、書店さんからの注文も上々で、刷り上がりが楽しみです!もちろん、デコショップでも購入できますので、皆さんどうぞご利用ください!