旧暦のお正月

大好きな料理研究家・植松良枝さんが参加されていたので、
暦を楽しむイベントに行ってきました。

旧暦のお正月ということで、
おせち料理と、
七草粥を食べました。


おせち料理には、
定番のゆずの香りではなく、いまの季節に合わせた金柑の風味を。

春巻きの中には、ふきのとうが入っていました。

ふきのとうのような苦味が、
寒い冬のあいだに体にたまった余分なものを排出してくれる効果があるそう。


新暦の七草粥では、
まだ七草がそろわない・・・ということがありますが、
それは実際の季節と少しずれているから。

いまならほぼ七種類、
摘むことができます。

イベントのなかで、
季節にあった食べ物をとることが、
からだにいいという話が出ました。

デコ刊行『顔望診をはじめよう』のなかでも解説をしている、
五臓六腑の話や、どんな色の食べ物を食べたらいいかなどのお話もあり、
うなづくばかり。。

イベントに参加したおおぜいの方も、
熱心にメモをとっていらしたので、

ぜひ『顔望診をはじめよう』を読んで??!!
と心で叫んだのでした[:モグモグ:]
[:赤りんご:][:さくらんぼ:]

さいとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です